交野山、国見山、そしてサンドイッチ山の山歩き

2020年1月24日(土)

すっかり山登りの魅力にハマってしまい、手頃な山を探しては出掛けることが多くなりました。

信州に旅行に行くようになってから、山並みの素晴らしさに「山はいいなあ。」と思うようになり、車で登れる範囲まで行って近辺を散策するようにもなりました。

でも、車で行けるところは限界があるので、3年前の秋の旅行で登山してみようかとなり、信州の八方尾根を登るルートに挑戦してみました。といっても車とリフトを利用し、その先片道1.5Kmほどの往復だったんですけどね。

もちろん登山の装備とかは必要なく、初心者でも大丈夫なところでしたが、大きな岩がゴロゴロしている所もあって、目的地に着いたときは結構感動でしたね。

それからですかねえ。ハマったのは。

と言う訳で、今日は「交野山(こうのさん)」から「国見山」、「サンドイッチ山」を歩いてきました。

大阪府交野市にある「いきものふれあいの里」駐車場に車を止め、ここ交野山登山口から出発です。
せみしぐれの小路
途中、何ヵ所か鳥居があったので、この先に神社があるんだろうと鳥居をくぐって先に進みます。
こんなハシゴも登って・・・
頂上すぐ手前、最後の鳥居の向こうには小さな祠(ほこら)らしきものがありました。
標高341mの交野山山頂に到着。

この「交野山古代岩座址」と書かれた石柱の向こうには「観音岩」と言われる巨岩があり、古代から神の宿る山として、崇められてきたそうです。
その観音岩に登ると、大阪から京都、奈良まで見渡せる素晴らしい眺望となります。岩の先までは怖くて行けなかったけどね。
観音岩の右側から降りていくと、この岩の大きさがわかります。高さが20m、周囲は40mなんだとか。
一旦交野山を降り、次は「いきものふれあいセンター」に向かいます。
大きな池(白旗池)の横を通って行くと・・・
いきものふれあいセンターに到着です。

この建物の中からは、白旗池にいるオシドリやカモなどが観察でき、特にオシドリは観察できるところが少ないらしく、結構人気なんだそうです。私たちも探してみたのですが、見つけることはできなかったです。

次は国見山ですね。
この階段を登るともうすぐ。
ふれあいセンターを出て約30分で到着。標高284mの国見山山頂です。

山頂の休憩スペースは狭くて、置かれた椅子が2組分だけ。先客は1組だけだったので、ちょうど空いた椅子に座り、持ってきたチョコのお菓子とお茶で一休み。
眺めもよく、枚方八景の1つにも選ばれています。

このあと来た道を一旦引き返し、サンドイッチ山に向かうのですが、標識もなくスマホで登山ルートを確認しながらの移動となりました。
で、着いたのがここ。枚方市で一番高い山だそう。それで、ここには何があるか?ここから何が見えるか?・・・なあ~んにもなく、なあ~んにも見えません。

誰が書いたのか「枚方一高い山 サンドイッチ山」の表示と、更にその下には「あなたに出会えて感謝 今日は素敵な一日をお迎えください。」の表示。ちょっとホッコリ。

なぜサンドイッチ山?、実は山の高さ「313m」からこんな名前が付いたそうで。サンでイチを挟んでいるとか「サン、イチ、サン」⇒ 「サン、イッチ、サン」 ⇒ 「サンドイッチ山」になったんだとか・・・。

帰りはまた交野山に登り、いきものふれあいの里駐車場へ戻ります。

今日は、歩いた時間が3時間半、距離が6.2Km。結構疲れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。半角数字でどうぞ。 *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください