銀閣寺から大文字山へ

2020年2月10日(月)

標高466m、五山の送り火で一番大きな「大」の字が点される有名な場所「大文字山」に登ってきました。

登山ルートはいくつかあるようですが、道も整備されていて登り易い銀閣寺からのルートで登ります。

銀閣寺観光駐車場から哲学の道に出て、銀閣寺に向かいます。
銀閣寺参道を通って総門に入る手前を登山口方向へ左折。
なだらかな坂道をしばらく歩き、ここから山道に入ります。
岩のある歩きにくい場所もあります。
途中から、昨日降った雪が周りの木々に見え始め、道にもうっすらと残っているようになったときは、この先ちょっと心配に。
この長い階段を登りきると、大文字のかがり火が点される火床があります。
この十字になった火床が「大」の字の真ん中になるみたいで、大文字山の300m付近になります。ちょうど着いたときは、5人ほどのグループ1組が休憩中でした。

天気はあいにくの曇りでしたが、きれいに京都の町並みが一望でき、暫しの間眺めていました。
更に登って「大」の字の一番上、そのあたりからの眺めが一番ですね。
場所によってはこんな雪のところもあり、滑らないように注意して歩きます。
火床から約25分、標高466mの頂上に到着。
ちょうど昼時で、4、5組のグループが食事中。私たちも早速丸太の椅子に座って、景色を眺めながら昼食です。
つい最近取り付けられたプレート、どん足会って何だろ?

プレート下の温度計を見ると、3℃、生活圏での3℃は寒いけど、ここではあまり寒く感じないですね。

帰りは「霊鑑寺」に向かうルートで降りて行きます。
途中、木に積もった雪で雪だるまを作ってみました。でも、目も鼻も口もないせいか、イビツで可愛げのない雪だるまになってしまいました。
急坂もあって膝への負担が結構かかります。
京都一周トレイルの道標をいくつも見かけます。ちょうど、コースの一部を通っているみたいですね。
山道を抜けて「哲学の道」に出ました。やっぱり平坦な道は楽。
梅の花が咲いていました。そう言えばそんな季節になってきたんですねえ。
哲学の道沿いにある「五建外良屋 哲学の道店」。ぜんざいの文字に惹かれてここで休憩。
疲れたときは甘い物が一番。
やっと、銀閣寺近くまで戻ってきました。出発して3時間10分、約6Kmの山歩きでした。
では帰りますかと、一旦車に戻ったのですが、いやいやせっかくなので銀閣寺にも寄らないと・・・ということで、もう一度参道を歩いて総門をくぐります。
方丈(本堂)前からの銀閣です。

すぐ前に広がる、白砂で波紋や灘を表現したといわれるのが「銀沙灘(ぎんしゃだん)」、その向こうの砂を盛った山が「向月台(こうげつだい)」と言うらしい。

どちらも今風のアートのようにも感じられて、とても美しいです。

では、帰ることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。半角数字でどうぞ。 *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください