千畳敷カールから木曽駒ヶ岳へ

2019年9月19日(木)

今日の予定はもちろん木曽駒ヶ岳への登山。

菅の台バスセンターからロープウェイ乗り場のしらび平駅へ、そしてロープウェイで千畳敷駅まで行き、そこから4~5時間かけて駒ヶ岳までの登山道を往復します。

朝起きたのは5時半頃、昨夜買っておいたおにぎりを少し食べ、6時半に宿をチェックアウト。菅の台バスセンターへ向かいます。

空には青空も見えますが、雲も多く少々不安。しかし、今日を逃す訳にいかないのでね。
宿からは5分ほどでバスセンターに到着。
心配していたバス待ちの人もほとんどいなくて、駐車場も奥に行くとまだたくさん空いていました。
車を止めると、6時45分発のバスに乗るため急いで準備し、バスとロープウェイの往復チケットを購入。 ひとり4,130円は・・・天気だったら安い。

すぐにバスがきたので、走って乗り場へ向ってなんとか乗車完了、空席を残したまま出発です。バスセンターの様子を写真に撮る余裕もなく、慌てて乗った感じですね。

座席シートは前後の間隔が非常に狭く、なるべく多くの客を乗せるための特別仕様かな。大きな人だと座るだけで大変そう。

しらび平駅まで約30分、細くてクネクネした道を登って行くのですが、途中野生のサルにも出会いました。
7時30分
しらび平駅に着くと、15分ほど後に出発するロープウェイ乗り場に並びます。
写真は乗る直前に慌てて撮った1枚です。

私は後方の窓側に立ち、妻は数少ない貴重なシートを見つけて座りました。
出発してしばらくは、辺り一面ガスに覆われていたためちょっと心配したけど・・・
すぐにそれが雲海に変わり、目の前が一気に開けて素晴らしい景色が現れました。
遠くに見える山々は南アルプスで、その先には少しだけ頭を出した富士山が見えてきました。ちょうどロープウェイのワイヤーに隠れて、この写真では分からないですね。
7時40分頃
約7分で千畳敷駅に到着。駅の横は併設されたホテル千畳敷です。
ホテルの前から見えるこの一帯が「千畳敷カール」です。宝剣岳(ほうけんだけ)は、あの一番高い尖ったところでしょうか。
さあ、いよいよ出発。
往きは、「駒ヶ岳神社」ー「八丁坂分岐点」ー「乗越浄土」ー「宝剣山荘」ー「中岳」ー「木曽駒ヶ岳」、帰りは「八丁坂分岐点」 までは同じルートを辿り、そこから「剣ヶ池」を回って戻ります。
まずは、駒ヶ岳神社でお参りです。
7時50分 慌てないでゆっくり行ってきま~す。
千畳敷カール内の遊歩道を通って、登山口まで行きます。
8時ちょうど
登山口である八丁坂分岐点に到着、もちろん目指すは左の駒ヶ岳方面です。
登山道に入るとすぐ、このような立て看板があり、そこには「ここから先は登山の装備が必要です。」と書かれていて、ここからは険しくなってきます。
登り始めて振り返ると、ホテル駒ヶ岳がもうあんなに小さくなってます。
コース中一番の難所がここ「八丁坂」、まだまだ上、登りきったところが「乗越浄土( のっこしじょうど )」。
乗越浄土 (2,853m) までの標高差は 240mほど 、非常に辛い。汗だくになって着ていた上着は、途中で脱ぎました。
もう一息、何度休憩し、何度立ち止まったか、体力の無さを実感。妻の方が元気だった。
最初の難関を突破、乗越浄土に到着。ホテル駒ヶ岳が更に小さくなりました。
8時45分
登山口から45分ほどかかりました。 ここ乗越浄土で、大きく視界が広がります。
素晴らしい景色に圧倒されて、今までの辛さも忘れます。
青い屋根が宝剣山荘、赤い屋根が天狗荘、そしてその右手に上がって行くと、次に目指す「中岳」です。
左手方向には「宝剣岳」。ここは危険な場所もあるので初心者には無理らしい。
8時50分
宝剣山荘に到着、 少し休憩して中岳へ向かいます。
宝剣山荘の裏手に回ると、宝剣岳方面と中岳・駒ヶ岳方面への分岐があります。
宝剣岳へはもちろん行きません。
天狗荘の横を通り中岳頂上へ。この辺りはなだらかな道が続きます。
この辺りから少し登りになってきます。
9時20分、中岳山頂に到着。
標高3,067mの「御嶽山」です。何故かこっちの方が高いように感じますね。

戦後最悪の火山災害といわれるあの噴火が、2014年9月なので、あれからもう5年も経つんですね。
ここに来てやっと駒ヶ岳頂上が見えてきました。
この岩だらけの道なき道を降りて、更に登って行けば到着となります。

下った所に見える青い屋根は「駒ヶ岳頂上山荘」です。
駒ヶ岳頂上山荘でトイレ休憩、一人200円を支払います。
最後の登り、あと一踏ん張り。
10時10分
登り始めて約2時間10分、ついに登頂しました。
360度見渡す限りの大パノラマ、天気にも恵まれて最高です。
中央アルプスの最高峰、標高2,956mの駒ヶ岳頂上です。
登っている間、ずっと見えていた富士山。
帰りの無事を願ってお参り。
駒ヶ岳山頂には、2つの神社があってこちらが、木曽側にある「木曽駒ヶ嶽神社」と言い・・・
こちらが、伊那側にある「伊那駒ヶ嶽神社」と呼ばれています。
約40分、飽きることがない景色を眺め、ゆっくり休憩をとって引き返します。

10時50分 出発します。
駒ヶ岳頂上を降りると、ゴロゴロした岩だらけの「中岳」へ登ります。
「宝剣山荘」までもう少し。
11時40分 「乗越浄土」に到着。
後は、この「八丁坂」を降りていくだけですが、下りは膝に負担がかかってガクガク状態。
いや~、こんな道を登ってきたんですねぇ。
ホテル駒ヶ岳と同じくらいの高さまで降りてきました。

帰りは右側のホテル方向に延びている道ではなく、少し遠回りになりますが、左側の「剣ヶ池」を通る遊歩道でホテル(千畳敷駅)に向かいます。
夏はキレイな花が咲いて、これから秋になると赤く紅葉してくるのだと思いますが、今はな~んにもない時期ですね。
千畳敷カールがちょうど正面から見えると言うことで、一番の人気スポットだとか。
そして、すぐ横に・・・
「剣ヶ池」があります。
最後の最後のこの階段がひじょ~に辛い。

ホテル千畳敷に戻ったのは、午後1時頃でした。
結構多めの休憩を取りながらの登山だったと思う のですが、往復4時間40分は、割と標準的な時間だったようです。

今回の登山を計画する中で、ちょっと気になっていたのが高山病なんですが、当日になるとすっかり忘れていました。

後で調べてみると「高度2,500~3,500mは「高所」であり、高山病の発症率は高くなり、特に、2,500m以上に急速に登った場合に発症しやすいと言われてます。」と書かれていました。

2,500m以上を急速に・・と言われると、ロープウェイで一気に2,600m以上を登るので、高山病の症状が出てもおかしくない訳ですよね。まあ、個人差もあるし二人とも何もなかったので良かった。
この後、ホテルのレストランで昼食です。妻はソースカツ丼、私はカツカレーでしたが、カレーはイマイチでした。

食事も終ってお腹もいっぱい。足は棒のようになり、もう一歩も歩きたくない感じなんですが、5分後にロープウェイが出発するという放送が聞こえたので、重たい足取りで乗り場に向かいました。
ロープウェイを降りると、次はバス乗り場に並び、すぐに乗車。忙しくて名残惜しさを味わうこともなく出発・・・となりました。
往きは空席もありましたが、帰りは 補助席も使用して乗車率100%でした。
菅の台バスセンターに戻って来ました。
いやあ、それにしても暑い!さっきまでの涼しさが嘘のよう。
朝、写真を撮る暇がなかったので、バス乗り場とチケット売り場だけ撮っておきました。
午後2時30分頃、この時間にもなると、さすがに行く人はいないんだねぇ。
朝6時半頃にここに来て、ここに戻るまで約8時間かかりました。やっぱり早朝からの計画で正解でしたね。

これから車で2時間ほど、2日目の宿に向けて出発します。
今日はよく眠れそう・・・。

3日目につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。半角数字でどうぞ。 *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください