雪の宿から徳島「渦の道」へ – 2日目

一日目より

2018年1月中旬

まだ早朝の暗い時間に目が覚め、外を確認すると、もう雪はほとんど降っていませんでした。でも、よく見ると昨日に比べて更に積もっている感じ。

妻が、3時頃に目が覚めて外を見ると、かなり降っていたと証言、やはり犯人の雪は暗いうちから行動を起こしていた訳だ。

・・・ということで、今日の一日は朝5時半頃の真っ暗な時間帯から始まりました。


部屋が明るいと外がよく見えないので、部屋の照明を消してしばらく雪景色を眺めていました。ときおり、木に積もった雪が、ザーっと落ちていくのが見えます。
実際に落ちる音は聞こえないけど、とても静かな中からは、その音が聞こえてくるような感じ。


二人で写真を撮ろうと、車に積んだままのカメラの三脚を取りに外に出てみると、思った以上に積もっていました。

朝食も美味しくいただき、チェックアウト時間の11時前まで、部屋のお風呂など楽しんだあと宿をあとにしました。

帰りは徳島道を通って、大鳴門橋の下を歩くことができる「渦の道」に寄ることにしていました。
ところが、徳島道が雪の影響で通行止めになっているらしく、少し時間がかかるけど一般道で向かうことに。


じゃあ、どこかで美味しそうなうどんを食べようとなって、途中で見つけたのがこの「もり家」というところ。

ちょうど昼どきだったので、客は多かったですね。セルフ的な店ではなく、テーブルに案内されると注文を聞かれ、お勧めの「かき揚げおろしうどん」をお願いしました。

で、写真はこれだけなんです。丼に載った巨大なかき揚げにビックリして、写真に撮ることをすっかり忘れていて、気が付いたときはもうすでに遅し・・でした。

うどんは適度なコシがあって美味しかったです。通りがかりに偶然見つけた店だったので、どうなんだろうと思いましたが、後で調べるとなかなかの人気店のようでした。


鳴門公園駐車場に車を止めると、すぐ前にある土産物屋からエスカレーターとエレベーターで、展望台に行くことができます。目の前の大鳴門橋や鳴門海峡、その向こうには淡路島が一望できます。

エスカレーターは先が見えないくらい長くて、なんでも東洋一だとか。ただし、有料で往復400円かかるんだけどね。


素晴らしい眺めです。その昔、この橋がないとき、フェリーで20分ほどかけて渡っていたっけ。


「渦の道」に向かう途中、高速道路を横断するのですが、その高速道路の上を通る歩道橋からの眺望です。


高速道路の上を通ったかと思いきや、降りると今度は高速道路下のトンネルをくぐります。そして、しばらく歩くとこの渦の道への入り口が見えてきます。
今日の渦の見頃時刻が書かれていますが、残念ながら今の時間は見頃ではないですね。

この右手を進んで行くと・・・


この建物に入り、料金510円を支払っていよいよ橋桁の中に作られた遊歩道に向かいます。

実は、先ほどのエスカレータで上がった展望台と、渦の道のセット券があるのが後で分かったんです。それだと1人200円安かったんですけどね。


450m先の展望室まで続くこの長~い通路を歩くのだけど、両サイドは金網だけなので寒い。


終点は広い展望室になっていて、45m下の波の様子が見れるガラス床があります。もちろんその上を歩いても大丈夫ですが、恐くて無理。
途中の通路にも2ヵ所ほどありましたが、知らずに歩いてきて急に足下に現れたらビックリでしょうね。


渦潮観潮船ですね。船からだと間近に見えて迫力がありそうだけど、この時間帯はほとんど渦も見えないですね。
4年ほど前に淡路島側から乗りましたが、その時も大きな渦は見えませんでした。

■渦潮は、瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、激しい潮流が発生することによりできる「自然現象」です。春と秋の大潮時に最大となり、直径20mにも達する渦潮の大きさは世界一といわれています。1日のうちで潮流が最速となる時間帯に最も迫力ある渦潮が発生し、潮の流れない時間帯には渦潮を見ることはできません。(渦の道のHPより)

では、鳴門北ICから高速に乗り、家に向かいます。


明石海峡大橋の手前、淡路SAで休憩。
ここからは橋の全景を眺めめることができ、下り側のSAには大観覧車もあって、乗ったことはないけど、素晴らしい景色が見れるんだとか。


明石海峡大橋も何度か通っていますが、実家(愛媛)に帰省するときは、瀬戸大橋経由の方が高速料金が少し安いので、回数的には少ないです。

家まであと1時間半ほどかなあ。
結構疲れました。
ゆっくりと帰ります。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。半角数字でどうぞ。 *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください