Win7の終末が近づいてきた・・・その後、のその後

2020年2月7日(金)

約1ヶ月半待って、1月24日にようやく我が家に新しいPCが届きました。

それから2週間、データの移行や必要最低限のアプリケーションのインストールも終わり、快調に動いています。

買ったのは「HP Pavilion 15-cu1000」、主なスペックは以下のとおり。
・Core i5-8265U
・8GBメモリ
・128GB SSD + 1TB HDD
・15.6インチワイド・フルHD

256GBのSSDが欲しかったけど、128GBしか選べなかったので、容量的にどうなんだろと、少し不安な面もあったんだけどね。
手にしてから2週間、SSDはWin10のOSとアプリケーションのみにして、データはすべてHDDに保存。

使用状況はSSD側が約42GB、37%ほどしか使用していないので、今のところは問題なさそう。あまりにも増えてくるようであれば、SSDの乗せ替えを考えることにします。
それにしても初めて体感したSSDには感動、Windowsの起動、終了が早い。アプリの起動が早いのもありがたい。

後は、旧Win7機をどうするか。スタンドアロンとしては使い道もないと思うので、HDDを外して処分かなあ。まあ、とりあえずは暫くそのままかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。半角数字でどうぞ。 *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください