1年ぶりの旅行は4月の予定(vol4)

昔行った北陸と奥飛騨を、少し振り返ってみました。

○金沢
妻と温泉旅行を始めて13年、北陸は今まで何度か検討したものの、好みの宿を見つけられなかったため、13年の中では今回が初めてになります。

40年近く昔になりますが、結婚前に妻と一度行ってるんですね。まだ、北陸自動車道が途中までしか開通していない頃です。前日の夜に出発して、1泊で能登半島を一周したのですが、その1泊だけの宿の外観がとてもみすぼらしくて、がっかりしたことを覚えています。

金沢の兼六園にも行きましたが、ここはほとんど記憶にない(妻は結構覚えてました)です。

○奥飛騨
奥飛騨は2005年10月以来となります。上高地に行ってみたかったので、この時は2泊して中一日を、丸々上高地の観光にあてました。
素晴らしい景色でとても良かったです。かなりの距離を歩いたので、へとへとになりましたけどね。

1泊目は予算を考えて、安めのペンションに宿泊しました。建物は周りの景色にも合った、とてもいい雰囲気だったのですが、部屋は狭く、ベッドも小さくて、物音はよく響くし、とても寛げるような場所ではな かったですね。

hida0032泊目の宿はとても満足、福地温泉にある「隠れ庵 ひだ路」という古民家風の宿です。
本格的?な露天風呂の付いた部屋に泊まったのは、ここが初めてでした。

この頃からですかね、宿の条件に部屋の露天風呂が必須となったのは。

hida004そして、この旅行で心残りだったのが、新穂高ロープウェイで登った頂上からの景色なんです。
北アルプスの山々が、大パノラマで見えるはずだったのですが、上に登るにつれ霧が出始め、頂上に着いた頃には、この写真のとおり真っ白で何も見えなかったんです。

という訳で、もう一度行ってみるつもりです。当日の天気にもよりますが・・・。

1年ぶりの旅行は4月の予定(vol3)

奥飛騨→金沢の予定だったけど、金沢の「湯涌温泉 かなや」で、宿泊したい部屋が空いていなかったため、逆コース(金沢→奥飛騨)の日程で予約完了です。

湯涌温泉 かなや
湯涌温泉は金沢市東南部にあって、JR金沢駅からだと車で30分ほどの距離です。

予約したのは、専用のお風呂のある離れ3室の中のひとつで、1階に囲炉裏の部屋と和室、それと半露天のお風呂、2階は洋室のベッドルームと、更に和室もあるメゾネットタイプの部屋。

宿泊料は一番安いプランを選んで、1人27,000円。部屋の広さを考えると安いと思うけど、プラン的に食事は期待できそうにないですね。

飛騨つづり 朧(おぼろ)
金沢からだと寄り道しないで、2時間半から3時間の見込み。当日までに、どこか観光できるところを探します。

奥飛騨温泉郷にあって、部屋はすべて離れで8棟のメゾネットタイプのみ、全部屋露天風呂付き。
部屋のタイプは2階が、洋室(ベッドルーム)+和室もしくは、和室+和室の2タイプだけのよう。
予約時に部屋の選択はできなかったけど、1泊目の金沢がベッドなのでどちらでもいいかと。

早割30のプランで、宿泊料は1人25,000円、ここも割りと安い料金設定だと思います。

Vol4に続く・・かな?

韃靼蕎麦のお店「十割手打ちそば 美山窯」

2019年8月「美山窯」さん、事情により閉店されたようです。

久しぶりに蕎麦が食べたくなり、精華町にある「十割手打ちそば 美山窯」へ行ってきました。

今回2度目となるここの蕎麦屋さん、普通の蕎麦粉以外に、韃靼(ダッタン)蕎麦粉を混ぜた十割の蕎麦が食べられるんです。

miya201603_000
お店は住宅街の中にある今風の普通の一軒家で、目印は十割手打ちそばの幟(のぼり)と、玄関に掛かった控え目の暖簾です。
営業時間の5分ほど前に着いたのですが、玄関前にはもう営業中の札が掛かっていました。
中に入ると他の客はまだ誰もいません。私達が本日最初の客のようです。

miya201603_001
私が注文したのは「おろしそば」800円+「ご飯セット」300円で、このご飯セットが最高なんです。

miya201603_002
まずは、いい香りの蕎麦茶ですが、普通の蕎麦茶でなくて、ダッタン蕎麦茶だそうです。

miya201603_003
たっぷりのネギと鰹節、大根おろしは控え目の「おろしそば」です。
これだけでも結構なボリュームなので、妻はこの「おろしそば」だけを注文です。
これだけ薬味が多いと、蕎麦よりもほとんどネギと鰹節の味だけになりそうですが、案外蕎麦の触感や風味も口に残ります。

miya201603_006
ネギと鰹節を掻き分けると出てきました。
ダッタン蕎麦粉15%と、甘蕎麦粉85%の十割蕎麦で打った麺は太めで、コシは強い方だと思います。
上から出汁をかけて食べます。

「ダッタン蕎麦」は、血液をサラサラにして糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病に効果のあるポリフェノールの一種「ルチン」が、普通そばの100倍も含まれているそうです。

なので、毎日食べれば健康に良さそうですが、毎日は無理ですね。

miya201603_005
この1日10食限定のこの「ご飯セット」が、食べたくて開店直後に行ったんです。
蕎麦の実が入ったご飯は、とても香ばしくて癖になります。
とろろもたっぷりあって、「とろろご飯」で食べてもよし、蕎麦にかけて「とろろ蕎麦」で食べてもよし。
もちろん両方でいただきましたけどね。

miya201603_004
ご飯セットについている卵焼きは、とても美味しかったです。

miya201603_007
最後にお茶・・・ではなくて、これは蕎麦湯なんです。
ダッタン蕎麦自体は黄色くないのですが、蕎麦湯は黄色くなるそうなんです。
とても美味しくいただきました。

miya201603_008
店の中はこんな感じ、他にも4人掛けのテーブルと、カウンター風のテーブルがあります。

とても美味しくて満足しました。
ごちそうさま。

1年ぶりの旅行は4月の予定(vol2)

宿、決定です。

下呂もしくは少し足を延ばして、飛騨・高山あたりをと考えていたのですが、これといった宿が見つからず、結局、更に遠くなって奥飛騨になりました。

奥飛騨というと、11年前(2005年)に行った上高地が、とても印象深いですね。その時に宿泊したのが、「隠庵 ひだ路」という宿だったのですが、今回はその「隠庵 ひだ路」からすぐ近くの「飛騨つづり朧(おぼろ)」という宿に決めました。

そして、今回は1泊だけのつもりだったけど、せっかく遠くまで行くのに、1泊だけだともったいない、ということで2泊に変更。一気に2泊目の宿も決定。

2泊目は岐阜県から石川県へ移動、北陸新幹線の開通で(関東圏からは)身近になった、あの金沢の近くにある、「湯涌温泉 かなや」という宿です。

1年ぶりの旅行は4月の予定

昨年の3月のカニ旅行から約1年ぶりとなります。といっても、4月上旬に1泊だけの予定なんですけどね。そして、今回も子供が「行きたい。」ということで、3人での旅行になります。

行き先はまだ行ったことのない、岐阜県の下呂温泉を考えているのですが、いい宿がなければ飛騨高山あたりまで足を延ばそうかなあ、とも考えています。

あと1ヶ月ちょっとしかないので、早々にも決めないと。