「2.山登り・ハイキング」カテゴリーアーカイブ

京都 愛宕山山頂の愛宕神社へ

2020年3月24日(火)

標高924mの「愛宕山(あたごさん)」に登ってきました。

春らしい気持ちのいい山登りになると思いきや、今日は全国的に寒い一日となり冬に逆戻り。途中雪もちらついてきて、寒い登山となりました。

コロナウイルスの影響で、最近はあまり出歩くこともなく、久しぶりの山登りだったのですが、愛宕山は体力的にとても厳しかった。

10時40分頃、愛宕神社の表参道近くの駐車場に到着。駐車料金700円也を支払います。
この鳥居から愛宕神社の参道になります。愛宕神社まで4Kmほどの長い道のりになります。上着も着て寒さ対策もバッチリ。
運動不足の二人、序盤から息が上がり気みでバテバテ状態。気温は低いけど、妻は暑いといって上着を脱ぎました。
50丁目まであるのでまだまだ。
途中、ここだけ咲いていたツツジ。
JR保津峡駅の近くから「ツツジ尾根」というルートがあるらしく、そちらから登ればたくさんのツツジが見れるらしい。
途中にある休憩所、こんな小屋が3ヶ所ありました。
この表参道コースは、よく整備された広い登山道で、歩きやすく標識もたくさんあるので迷うことはないですね。
階段は結構辛い。
黒門が見えてくると、いよいよ終盤に。
あとは平坦な道を進むだけ?
左手に建物が見えてきて、この先には本殿が・・・
と思えば、最後の長~い階段が待っていました。この階段が一番苦しくて、足は上がらず途中何度も立ち止まりながら、やっとのことで登りきった状況。
最後の階段すぐ手前の休憩所にあった温度計を見ると、4.5℃でした。普通の生活でこの温度だと寒いよね。
登りきったところに鳥居、そしてまた階段、その向こうの神門をくぐると・・・
午後1時20分やっと本殿に到着。2時間40分ほどかかりました。

右手に手水舎があったのですが、これも新型コロナウィルスの影響なのか水はなく、柄杓も置いていませんでした。
お詣りをしたあと昼食をとって、来た道を戻りますが、膝から下に負担がかかる下りも大変。明日は確実に筋肉痛ですね。

平坦なところや緩やかなところはほとんどなく、神社までの標高差850mほどを、ひたすら上るばかりなのでホントにキツかったですね。

銀閣寺から大文字山へ

2020年2月10日(月)

標高466m、五山の送り火で一番大きな「大」の字が点される有名な場所「大文字山」に登ってきました。

登山ルートはいくつかあるようですが、道も整備されていて登り易い銀閣寺からのルートで登ります。

銀閣寺観光駐車場から哲学の道に出て、銀閣寺に向かいます。
銀閣寺参道を通って総門に入る手前を登山口方向へ左折。
なだらかな坂道をしばらく歩き、ここから山道に入ります。
岩のある歩きにくい場所もあります。
途中から、昨日降った雪が周りの木々に見え始め、道にもうっすらと残っているようになったときは、この先ちょっと心配に。
この長い階段を登りきると、大文字のかがり火が点される火床があります。
この十字になった火床が「大」の字の真ん中になるみたいで、大文字山の300m付近になります。ちょうど着いたときは、5人ほどのグループ1組が休憩中でした。

天気はあいにくの曇りでしたが、きれいに京都の町並みが一望でき、暫しの間眺めていました。
更に登って「大」の字の一番上、そのあたりからの眺めが一番ですね。
場所によってはこんな雪のところもあり、滑らないように注意して歩きます。
火床から約25分、標高466mの頂上に到着。
ちょうど昼時で、4、5組のグループが食事中。私たちも早速丸太の椅子に座って、景色を眺めながら昼食です。
つい最近取り付けられたプレート、どん足会って何だろ?

プレート下の温度計を見ると、3℃、生活圏での3℃は寒いけど、ここではあまり寒く感じないですね。

帰りは「霊鑑寺」に向かうルートで降りて行きます。
途中、木に積もった雪で雪だるまを作ってみました。でも、目も鼻も口もないせいか、イビツで可愛げのない雪だるまになってしまいました。
急坂もあって膝への負担が結構かかります。
京都一周トレイルの道標をいくつも見かけます。ちょうど、コースの一部を通っているみたいですね。
山道を抜けて「哲学の道」に出ました。やっぱり平坦な道は楽。
梅の花が咲いていました。そう言えばそんな季節になってきたんですねえ。
哲学の道沿いにある「五建外良屋 哲学の道店」。ぜんざいの文字に惹かれてここで休憩。
疲れたときは甘い物が一番。
やっと、銀閣寺近くまで戻ってきました。出発して3時間10分、約6Kmの山歩きでした。
では帰りますかと、一旦車に戻ったのですが、いやいやせっかくなので銀閣寺にも寄らないと・・・ということで、もう一度参道を歩いて総門をくぐります。
方丈(本堂)前からの銀閣です。

すぐ前に広がる、白砂で波紋や灘を表現したといわれるのが「銀沙灘(ぎんしゃだん)」、その向こうの砂を盛った山が「向月台(こうげつだい)」と言うらしい。

どちらも今風のアートのようにも感じられて、とても美しいです。

では、帰ることにします。

交野山、国見山、そしてサンドイッチ山の山歩き

2020年1月24日(土)

すっかり山登りの魅力にハマってしまい、手頃な山を探しては出掛けることが多くなりました。

信州に旅行に行くようになってから、山並みの素晴らしさに「山はいいなあ。」と思うようになり、車で登れる範囲まで行って近辺を散策するようにもなりました。

でも、車で行けるところは限界があるので、3年前の秋の旅行で登山してみようかとなり、信州の八方尾根を登るルートに挑戦してみました。といっても車とリフトを利用し、その先片道1.5Kmほどの往復だったんですけどね。

もちろん登山の装備とかは必要なく、初心者でも大丈夫なところでしたが、大きな岩がゴロゴロしている所もあって、目的地に着いたときは結構感動でしたね。

それからですかねえ。ハマったのは。

と言う訳で、今日は「交野山(こうのさん)」から「国見山」、「サンドイッチ山」を歩いてきました。

大阪府交野市にある「いきものふれあいの里」駐車場に車を止め、ここ交野山登山口から出発です。
せみしぐれの小路
途中、何ヵ所か鳥居があったので、この先に神社があるんだろうと鳥居をくぐって先に進みます。
こんなハシゴも登って・・・
頂上すぐ手前、最後の鳥居の向こうには小さな祠(ほこら)らしきものがありました。
標高341mの交野山山頂に到着。

この「交野山古代岩座址」と書かれた石柱の向こうには「観音岩」と言われる巨岩があり、古代から神の宿る山として、崇められてきたそうです。
その観音岩に登ると、大阪から京都、奈良まで見渡せる素晴らしい眺望となります。岩の先までは怖くて行けなかったけどね。
観音岩の右側から降りていくと、この岩の大きさがわかります。高さが20m、周囲は40mなんだとか。
一旦交野山を降り、次は「いきものふれあいセンター」に向かいます。
大きな池(白旗池)の横を通って行くと・・・
いきものふれあいセンターに到着です。

この建物の中からは、白旗池にいるオシドリやカモなどが観察でき、特にオシドリは観察できるところが少ないらしく、結構人気なんだそうです。私たちも探してみたのですが、見つけることはできなかったです。

次は国見山ですね。
この階段を登るともうすぐ。
ふれあいセンターを出て約30分で到着。標高284mの国見山山頂です。

山頂の休憩スペースは狭くて、置かれた椅子が2組分だけ。先客は1組だけだったので、ちょうど空いた椅子に座り、持ってきたチョコのお菓子とお茶で一休み。
眺めもよく、枚方八景の1つにも選ばれています。

このあと来た道を一旦引き返し、サンドイッチ山に向かうのですが、標識もなくスマホで登山ルートを確認しながらの移動となりました。
で、着いたのがここ。枚方市で一番高い山だそう。それで、ここには何があるか?ここから何が見えるか?・・・なあ~んにもなく、なあ~んにも見えません。

誰が書いたのか「枚方一高い山 サンドイッチ山」の表示と、更にその下には「あなたに出会えて感謝 今日は素敵な一日をお迎えください。」の表示。ちょっとホッコリ。

なぜサンドイッチ山?、実は山の高さ「313m」からこんな名前が付いたそうで。サンでイチを挟んでいるとか「サン、イチ、サン」⇒ 「サン、イッチ、サン」 ⇒ 「サンドイッチ山」になったんだとか・・・。

帰りはまた交野山に登り、いきものふれあいの里駐車場へ戻ります。

今日は、歩いた時間が3時間半、距離が6.2Km。結構疲れました。

初詣は甘南備山山頂の神南備神社へ

2020年1月5日(日)

年末に妻が体調不良でダウン、夫婦での初詣はしばらく行けそうにないため、私ひとりで初登山も兼ね、京田辺市の甘南備(かんなび)山山頂にある神南備(かんなび)神社へ行ってきました。

まあ、登山といっても標高221mの山頂まで約1.5Km、ゆっくり歩いて30分ほどなんですけどね。

登山口駐車場にある登山コースの案内板。
ここから登って行きます。道は舗装されているので、歩き易いです。
「竜王の森」が、右手に見えてくればもうすぐ。少し先に左に入る道があり、長めの階段を登ると・・・
この標識があります。
左に行くと展望台、右に行くと神社です。
まず先に展望台へ。
展望台からは京田辺市内が一望。
神社に向かいます。神社手前にも一望できる場所があります。
そして、ここが神南備神社。
甘南備山の 神南備神社、どちらも「かんなび」ですね。
小さな本殿ですが、ちゃんとお詣りしましたよ。
神社裏手を少し登りながら回り込むと、標高221mの甘南備山山頂です。

この後、来た道ではなく、以前に通った別ルートで戻ろうと歩き始めたのですが、更に別ルートを行こうと横道に入って行った結果、1時間ほど余計に山の中をウロウロするハメに。

スマホでルートを確認しながら歩いていたのですが、途中で地図上では存在する道が、実際には存在しないことが分かり、結局戻ることになったって訳です。

ひじょ~に疲れました。

絶景の「星のブランコ」へ行って来た

2019年12月16日(月)

大阪府交野市にある自然公園、「ほしだ園地」のハイキングコースを歩いてきました。

紅葉のピークは過ぎたようで、山の木々は茶色くなってきてはいるけど、吊り橋(星のブランコ)から見る景色はかなりの迫力。

思っていたよりアップダウンの山道もあり、ハイキングとしても十分楽しむことができますね。

駐車場はほしだ園地ではなく、少し南に下った「磐船(いわふね)神社」のすぐ近くにある、道沿いの駐車スペースに止めました。

国道168号線から少し入ったところにある「磐船神社」。先にここでお詣りです。
高さ12m、幅12mの船形の巨岩「天磐船(あめのいわふね)」をご神体とする神社。
巨岩の下に広がる岩窟内に入る「岩窟めぐり」も体験することができるようです。
神社からすぐ、ほしだ園地の入口がありました。入れないかと思ったけど、よく見ると「歩行者入口⇒」と書かれていました。 バイクや自転車が入れないようにしているらしく、右側から狭い隙間を通って入ります。

まずは、星のブランコを見下ろすことができる、展望台に向かいます。
しばらく急な登り坂が続くので、最初はちょっと辛い。この辺りはなだらかで、積もった落ち葉の道が続きます。
やまびこ広場に到着。トイレ完備、椅子・テーブル完備なので、ここで弁当広げるのもいいかも。
広場前から展望台に続く道があります。
そして展望台。いやあ、素晴らしい。
紅葉のピークはほぼ過ぎて、枯れ葉色に近いけど絶景ですねえ。

では、下に見えるあの「星のブランコ」へ向かいます。
ここからは、なだらかな下り坂なので楽チン。
星のブランコに到着。平日であり、紅葉シーズンもほぼ終わりということで、人はとても少ない。
星のブランコは、全長280m、最大地上高50mの木床版吊り橋で、人道吊り橋としては全国的にも最大級の規模だそうです。

日本の人道吊り橋の長さランキングを調べてみると、

 1位 静岡県の「三島スカイウォーク」
 2位 大分県の「九重“夢”大吊橋」
 3位 茨城県の「竜神大吊橋」
 4位 栃木県の「もみじ谷大吊橋」
 5位 神奈川県の「水の郷大つり橋」
 6位 奈良県の「谷瀬のつり橋」
 7位 大阪府の「星のブランコ」
 8位 神奈川県の「風の吊り橋」
 9位  静岡県の「相渕の吊り橋」
 10位  宮崎県の「綾の照葉大吊橋」

となり、星のブランコは7位のようです。ちなみに、1、2、6位は過去訪れているので、残り6ヶ所で全制覇・・・と思ったけど、残りはどれも場所的に遠いね。
歩いていると、あまり分かりませんが、立ち止まると揺れているのがよく分かります。
人が少なくても揺れるので、たくさんの人だとかなり揺れそう。 静岡県の「三島スカイウォーク」 がそうだった。

しかし、この景色、間近で見るとより迫力がありますねえ。
実は、妻だけ(友人と)今年2回目の「星のブランコ」なんです。
行ったのは、11月6日でこれがその時の写真なんですが、今回とは逆にまだ紅葉が始まっていない時期だったんですね。
吊り橋の下を通って「ピトンの小屋」と呼ばれる管理棟へ向かいます。
ピトンの小屋 に到着。
ここは、休憩もできて、インフォメーション、展示、多目的ホール等がある管理棟になります。
ピトンの小屋前にある、クライミングウォール 。 高さ16.5m あり、本格的な 施設となっていま すが、初心者でも体験できる講習会も行っているそうです。

この横に置かれたテーブルとイスで、しばしの休憩です。
あとは戻るだけなんだけど、ピトンの小屋横から登って展望台まで戻る「らくようの路」のルートにしました。

高低差が150mあって、急坂と階段が続く園内で一番ハードなコースらしいけど、あえてチョイス。
息を切らして長い階段を上がり・・・
息を切らして急な坂をクネクネと登って・・・
やっと頂上らしき開けた場所に出てきました。この先もう少し行くと展望台です。
展望台で少し休憩したあと、磐船神社の方向に戻ります。
最後の急坂、舗装されているけど、日の当たらない所は濡れた落ち葉が滑りそうで恐い。

歩いた距離約5.4Km、2時間40分ほどかけてゆっくり回りました。