「2.山登り・ハイキング」カテゴリーアーカイブ

大和葛城山のススキ

2021年10月8日(金)

大阪府と奈良県の境にある大和葛城山(標高959m)に登ってきました。北には二上山、南には金剛山があって共に金剛山地のひとつになります。

5月には山頂一帯に咲くツツジが有名で、山頂までロープウェイで行けるため、ツツジの時期は多くの観光客で賑わいます。

秋は紅葉が楽しめますが、時期的にまだ早く今はススキが見頃です。

山頂への往復はロープウェイではなく、もちろん自力で登ります。
登山口はロープウェイ側ではなく、頂上を挟んで反対側の水越峠から、ちょうど奈良県と大阪府の境になります。
登山道は比較的整備されているんだと思いますが、とにかく階段が多いです。
このような標識が所々にあります。

標識にあるダイヤモンドトレールとは、北は奈良県香芝市の屯鶴峯(どんづるぼう)から、大阪府最高地点のある金剛山や河内長野市の岩湧山を通り、南は和泉市の槇尾山まで続く全長約45キロメートルの自然歩道だそうです。

このルートもダイヤモンドトレールの一部なんですね。

ずっと続く先の見えない階段ですね。
階段横が歩けるようだと、このように自分の歩幅でゆっくりと登ります。
緩やかな道も少しの間だけ。
休憩するようなベンチもなく、立ち止まったまま暫しの休憩。
まだ、頂上まで1.3Km、半分ほど登りました。
更に階段は続きます。
登り続けること1時間15分ほど、少し開けた場所に出ました。
更に10分ほど歩くとパラグライダーの滑空場所があります。それにしても、ここから飛び出すのは、どんだけ勇気がいるんだろ。
ここまで来ると、後は頂上までなだらかな道になります。
この辺り一帯が、5月になると見事なツツジが見られるところですね。
しかし、ロープウェイを利用しても、ロープウェイを降りた葛城山上駅から、山頂まで650mほど歩き、更に山頂からここまで400m歩く必要がありそうです。「つつじ園」の中も結構広そうなので、結構な距離を歩かないといけないですね。
頂上も近くなり、斜面一帯に咲くススキの草原が見えてきました。
見上げると、秋らしい雲が広がって青空をバックにススキもよりキレイ。
この景色を見ると、しんどかったことも忘れそうですね。
頂上付近まで来ると日陰がなく、風もあまりないので暑いです。
山頂に到着、約2時間かかりました。多分ペース的には遅い方だと思います。
遊歩道なんですが、背丈ほどのススキで前が見えません。

・・・途中で見つけた花たち

バックに見えるのは金剛山です。
これはリンドウですね。私にも分かりました。
戻り道に「つつじ園」の中を歩いていると、何故かここだけツツジが咲いていました。春が来たと勘違いしたのかな?

水越峠からの往復は階段が多くて結構キツかったけど、 山頂一帯のススキはとてもキレイで良かった。 1時間ほど山頂で過ごしましたが、秋を楽しめました。

次は5月のツツジも見てみたいですが、かなりの人出になるみたいで車では駐車するのが厳しそう。

登山客のいない「長老ヶ岳」

2021年9月27日(月)

「長老ヶ岳」は京都府京丹波町にあって、標高917mの山頂からのパノラマが素晴らしく、天気のいい日は遠く日本海が望めます。

京都縦貫道の丹波ICを降りて、長老山森林公園の駐車場まで40分ほどで到着です。しかし、駐車場までの最後の約2Kmは、幸いにも対向車はなかったけど、道幅が狭くすれ違いが困難です。

10時40分頃、長老山森林公園の駐車場に到着。 先客は車1台のみでしたが、登山目的ではなく、駐車場からの景色を見に来ていただけの感じでした。
左手はトイレなんですが、こんな山の中でも水洗式で中はキレイにしていました。
駐車場が標高500mほどの場所にあって、北側(たぶん)が開けているので、眺めもいいです。
トイレを済ませ、準備して歩き始めると、先客の車の人が「鈴持ちました?」と 声を掛けてくれました。 そう、トイレ横にはこのように「クマ出没注意」の貼り紙があって、 目撃情報もあったんだとか。 もちろん鈴はあるけど、改めて言われるとちょっと心配になりますね。
駐車場すぐ横に登山道入り口があります。頂上まで3.5Km、山登り開始です。
最初は少し急な上りが続きます。
歩き始めて30分ほど、道を跨ぐようにこんな休憩所が作られていました。
あと2Km、まだ元気?かな。
中盤あたりは、なだらかな道が続きます。
道の真ん中にこんな花が咲いていました。
後で調べてみると、センブリの花でした。薬草として使われるあのセンブリですね。
シダの茂る道を過ぎるともうすぐ。
標識があってその先に・・・
無線中継所があります。
そこには工事用の車が止まっていて、ちょうど今は工事中のようです。
頂上はもう少し上ですが、ここまでは舗装された別ルートの管理道路が通っています。私たちは1時間以上かけて登って来たけど、車だと数分なんでしょうね。でも多分一般車両は通行できないと思います。
舗装された道路を横切ると、最後の階段が待っています。
12時20分、頂上に到着。
このモニュメント「第43回国民体育大会」とあるので、1988年開催の京都国体で採火された場所なんですかね。
他の登山者は誰もいません。来る途中も誰にも会わなかったし、平日だということもあるんだろうけど、あまり人気のない山なのかな?
天気も良かったし、眺めは最高に素晴らしいですね。遠くには日本海も見えます。
この景色を眺めながらの昼食も良かった。
休憩場所もあって、ここで昼にしようと思ったけど、せっかくの景色が見えないので少し暑いけど陰のない芝生の上の、正面にキレイな山々の見える特等席に座りました。
1時間近く山頂で過ごしました。午後1時15分、下山です。
栗の木が多く、たくさんのイガグリが落ちていますね。

何とかクマに出会うこともなく、無事下山できました。結局下山中も誰にも会いませんでしたが、それはそれで不安ですね。もちろん駐車場に戻っても私たちの車があるだけ。

足は少々疲れましたが、長い急登もなく、なだらかな所もあったので、今回は結構楽に登れたかなと思います。

久しぶりの夫婦登山は三重県の「霊山」へ

2021年9月13日(月)

妻とは久しぶり。ゆっくりと休み休みの登山を楽しんできました。
霊山(標高766m)は三重県伊賀市にあって、霊山寺というお寺から登ります。

家から約1時間半ほど、登山のスタートとなる霊山寺の駐車場へは10時半頃に到着。広めの駐車場で、すでに6、7台の車が止まっていました。
まずは本堂でお参りです。
本堂まで来ても、誰もいません。駐車中の車はみんな登山客なんでしょうか。
お参りを済ませて、本堂を右手に行くと登山口があります。
登山口、一合目。
二合目、三合目を過ぎ・・・
こんな所も上って・・・。
四合目はなく、いきなり五合目になります。
結構疲れてます。
八合目まで来ました。
1,600mの表示は標高ではなく、一合目からの距離かな。
八合目を過ぎたところで、少し展望が開けたところがありました。
霊山寺と山を挟んだ反対側にある田代池からのルートと出会うポイントです。
それと標識にはないですが、霊山とは逆方向に登って行くと「霊山南峰」があり、帰りにそちらにも寄ることに。
九合目、もうすぐです。
この階段を上って・・・
最後の石段を上がると・・・
十合目、山頂に到着です。
山頂一帯は芝生が広がり、いくつか木の椅子も設置されています。
素晴らしい景色が広がります。
予報では晴れだったけど、ずっと曇り空で山頂は涼しくて少し肌寒いほど。
たくさんの風車は青山高原辺りだと思います。
帰りに寄った霊山南峰ですが、道らしき道はなく、目印の赤いテープを頼りに進みます。山頂は木々に囲まれて展望もなく「霊山南峰」のプレートのみ。

戻る途中、赤いテープを見失って少し迷いましたが、YAMAPのおかげで復帰、無事下山できました。

途中ほとんど眺望もないですが、山頂に上がった瞬間に開ける展望は素晴らしいです。

日本の滝百選の1つ、赤目四十八滝へ

2021年7月30日(金)

妻の体調の関係で、今年3月から休んでいた山登りを再開すべく、妻のリハビリ?と避暑を兼ねて、アップダウンの少ない手頃な場所として探したのが三重県名張市にある赤目四十八滝でした。

日本の滝百選に選ばれている赤目四十八滝ですが、四十八滝という名前から、48の滝があるのかと思ってしまうけど、数が多いという意味での四十八なんだとか。

実際には48もないけど、すべての滝を巡って戻るとなると、ちょっと厳しそうなので、途中の適当なところで戻ることにします。

車は土産物屋などの駐車場を利用することになりますが、遠い場所だと滝への入り口までそれなりの距離を歩くことになります。

ここが一番手前の駐車場で、一番近いのは滝の入り口すぐ手前にある、土産物店の駐車場になります。そこまでは他の店からの誘導を無視して行って、もし満車だったら戻って空きを探すべしかな。

もちろん駐車料金はどこも必要で、だいたい800円ほどですが、平日だと500円のところが多い感じ。
10時半頃、滝に一番近いこの上田屋という店の駐車場に到着。止まっている車は3、4台ほど。しかし、そこには誰もおらず店も休みでした。
ひょっとして今日は無料??と思ってそのまま滝への入り口に向かいました。(結局は帰りに支払ったんだけどね。)
滝の入り口がここ「日本サンショウウオセンター」で、赤目四十八滝の入山料込みの500円を払って入ります。

中にはサンショウウオが展示されている訳ですが、特に興味もないので、ほぼスルーして滝の方へと向かいます。
最初の滝は「行者滝」
落差6mの滝「霊蛇滝」
多くの滝の中でも特に見どころとされる5つの滝を「赤目五瀑」といい、高さ15mの「不動滝」はそのひとつ。
川に沿って歩く訳ですが、ちゃんと散策道も整備されているので歩きやすい。
小さな滝は「乙女滝」
赤目五瀑2つ目の「千手滝」は、千手観音から名付けられたんだとか。
赤目五瀑3つ目は「布引滝」。
30mの高さから一筋の真っ白な水が流れる様子が美しく、布を掛けたように落ちることからこの名前がついたそう。
「竜ヶ壺」という、ここは滝よりも滝壺に名前が付いてます。この滝壺は底無しと言われるほど深い壺で、竜が棲んでいるという言い伝えがあるんだとか。
川に沿って上流に向かうので、当然道は登りになります。それに滝があればその分登る必要があります。時にはこんな階段もあって滝めぐりも楽ではないです。
「陰陽滝」です。
ここ「陰陽滝」まで約1.8Km、時間にして50分ほど。標高を見ると約400m、歩き始めてから100mほどを登ってきました。
今のところ荷担滝あたりまでは行くつもり。
まだ元気そう。
12時前、休憩できる場所もあるのでここ「百畳岩」でお昼にします。
「姉妹滝」大小ふたつにわかれて落ちる滝で右を姉滝、左を妹滝だそうです。
高さ5mの「柿窪滝」
「笄滝(こうがいだき)」笄とは日本髪に刺す飾りのことで、滝の形が笄に似ているのでこう名付けられました。
「雨降滝」の標識があったのですが、川を見てもそれらしき滝がないと思ったら上にありました。岩を伝って雨が降るように水が落ちてくるらしいけど、今日はまったくですね。
骸骨に似た岩があるから「骸骨滝」かな?
何が斜めになっているんだろ。
またまた登りの階段です。
赤目五瀑4つ目は「荷担滝(にないだき)」。
岩を挟んで2つに別れて流れ落ちる滝で、渓谷随一の景観と言われています。

12時40分頃、滝入り口から約2.5Kmの 荷担滝 まで来ました。予定ではこの辺りで引き返すつもりだったけど、妻もまだ大丈夫ということなので、最後の赤目五瀑「琵琶滝」まで行くことに。
「夫婦滝」とあるけど、どの滝?・・・ちょっと分かりませんでした。
一面の岩が幾段にもなっている「雛段滝」です。
もう一息。
「琵琶滝」に到着。最後の赤目五瀑の琵琶滝は、滝と滝つぼを合わせた形状が、楽器の琵琶に似ている?ことから付けられた名前だそうです。

最後の滝「岩窟滝」まであと10分ほどですが、もうここで戻ることにしました。
YAMAPの活動データです。

約3時間半、思ったよりアップダウンもあったけど、ちょうどいい疲れ具合です。涼しい森の中をマイナスイオンをたっぷり浴びて、気持ちのいい滝巡りでした。

双耳峰の山、奈良県の二上山へ

2021年3月20日(土)

二上山(にじょうさん)は、北側に雄岳、南側に雌岳のある双耳峰(そうじほう:頂上部に二つのピークを持つ山)で、大阪府の南部と奈良県葛城市の境にある山です。

標高は500mほどで、登山道も整備されているため難易度も高くなく、超初心者向けの山です。

大阪側と奈良側から登るルートがあり、大阪側からだと1時間足らずで往復できる、手軽なコースもあるようです。
私たちは奈良側の「道の駅 ふたかみパーク當麻」から、加守神社ー雄岳ー馬の背ー雌岳ー祐泉寺の周回コースを歩き、道の駅へ戻ってきます。
「道の駅 ふたかみパーク當麻」に、9時半頃到着。駐車場はほぼ満車状態でしたが、タイミングよく出て行った車のあとに止めることができました。
道の駅に入ると、明らかに登山をする人を何人も見かけました。二上山へ登る人も多そう。
9時45分、トイレを済ませて出発です。
道の駅から一旦北に歩きますが、こっち方面に向かう人はほとんどいません。一般的なコースではないのかも。
加守神社横に登山口がありました。
獣避けの金網柵ゲートを開けて登山道に入ります。
長い階段が続きます。
雄岳山頂まであと0.9Km。
少し開けた場所もありました。
樹木が茂る山の中は、陰になるので割りと涼しいけど、日が当たる場所に出ると暑くて特に上りはキツい。汗かきの私は汗だく。
雄岳山頂手前にある「葛木二上神社」で、ここを通り過ぎるとすぐ山頂。
11時頃、雄岳山頂に到着。ここまで約2.2Km、1時間以上かかりました。
山頂にある温度計は20度、日陰でこの気温なので、日当たる場所ではそれ以上の暑さですね。
雄岳の頂上はこのように周りが木なので、眺望はイマイチなのですが、日陰があるのでここで休憩している人も多いですね。
私たちも少し休憩して、雌岳に向かいます。一旦下って馬の背へ。
途中から雌岳が見えてきます。よく見ると頂上にはたくさんの人。
10分ちょっとで馬の背に到着。
私たちは雄岳を経由して来ましたが、直接来ることができる登山道もあるみたい。
馬の背にはトイレがあり・・・
ベンチもあるので、ここでも休憩している人も多い。
最後の登り、木の階段を上がって行くと雌岳山頂です。
11時半頃到着。
大きな日時計。ちょうど文字盤がベンチになっていて、着いた時はほぼ満席でした。
奈良側かな。
山頂周囲には桜の木があり、来週あたりには満開になりそう。
祐泉寺に向かって下山。
途中、こんな満開の桜がありました。
もうすぐ祐泉寺。
祐泉寺に到着。ここから直接馬の背に行くルートがあり、こちらを通る人の方が多いようです。
道なりに行くと大きな池があって、たくさんの水鳥がいます。その中でもこの大きな鳥(後で調べると「シナガチョウ」という名前らしい。)は、人慣れしているのか餌をもらえると知ると、近寄って来るようです。
ちょうど誰かが餌をやっているところだったのですが、こんな近くまで寄って来るのですね。
他にも数種類の水鳥がいます。
振り返ると二上山が見えます。

この辺りまで来ると、あとは平坦な道を道の駅まで歩くだけ。

休憩込みでゆっくり歩いて約3時間半、歩いた距離が5.3Kmほどでした。

来週あたりからは桜も咲き始めて、よりたくさんの人が訪れるのではないでしょうか。