「2018-04 石川県 能登から岐阜へ」カテゴリーアーカイブ

美濃市へ 最終日

2018年4月14日(土)

2日目より

3日目最終日の朝、天気予報では曇りから雨になる見込み。予報どおり朝から曇り空で、雨が降り始めるのも時間の問題かも。
朝はチェックアウトの11時まで、部屋でゆっくりしてから出発するつもりです。

チェックアウト後は、少し北方向に戻ることになるけど、まず5つの水車がある「そばの里荘川」で早めの昼食、そしてモネの絵画によく似ていることで有名になった、通称「モネの池」へ、最後に昔ながらの町並みがある美濃市へ行く予定です。

たぶん天気と相談しながらだと思うけどね。


チェックインの時に、朝食の時間が順番と準備の関係で、朝8時半になるとのこと。順番?確かこの日は私たちを含めて3、4組だけだと思うんだけど。順番待ちがあるとは驚き。

準備ができたとの電話があったのが、8時10分頃でした。6時頃に起きたので、2時間ほど待ってやっと朝食となりました。
もう少し早くしてほしいなあと、いつも思うのですが、だいたい何処の宿でも早くて7時半から8時なんですよね。

お腹いっぱい食べ、その後はベッドでぐったり、露天風呂でまったりして11時前に出発。


11時半頃にそばの里荘川「心打亭」に到着です。なんといってもこの五連水車が目印でしょうね。
大きい水車の直径が13mあり、水車小屋にもまた巨大な石臼があるそうです。


水車の前に「心打亭」があります。最近はあまり蕎麦を食べてなかったので久しぶりです。

平日の昼前ですが、次々と車が入って来ます。付近には他にも蕎麦屋があると思いますが、ここは結構な有名店なのかな。


まだあまりお腹も空いてなかったので、注文したのは二人ともざる蕎麦一枚のみ。少ないかなあと思いましたが、満腹になりましたね。美味しかったです。

次はモネの池に向かいます。


モネの池まで約1時間、途中細い山道もあり、確か看板もなかったと思います。駐車場は無料で、近くにはトイレもあります。

車を止めて100mほど歩くと池に到着ですね。曇り空ということもあり、池全体は暗い感じで遠目には普通の池ですね。


あまり期待して行くとガッカリするかも。天気のいい日に来ると、青い色でもっと透き通って見えるのかも知れません。


上の写真もそうですが、ちょうど正面に橋が見える辺りが、一番キレイに見える場所かと思います。
睡蓮は咲いてないけど、モネの「睡蓮」のように見えるかな。
季節的にはやっぱり睡蓮の咲く、6月くらいが良さそうです。

池の横には花を販売している店があるのですが、そこに「ぜんざい」と書かれた幟が見えたので、これはと思い早速いただくことに。ちょうど寒くて温かいものが欲しかったので、ちょうど良かった。

合わせて30分ばかりの滞在でした。この後は、美濃市の昔から残る「うだつの上がる町並み」に向かいます。


美濃市街地に入ったのが午後2時過ぎ、一番近い駐車場を目指すのですが、交差点という交差点に警備員がいて交通規制をしているんです。
最初一体何事かと思ったのですが、ちょうどこの日が「美濃まつり」の初日だったようです。

美濃紙の産地ということで、このような「花みこし」がたくさん出て、町中を練り歩くみたいです。

結局、中心地に入れないので少し離れた駐車場に止め、歩き始めた頃には、祭りも終わっていたようです。


江戸時代からの町並みが保存され、中には文化財レベルの建物もあります。


うだつの上がる町並みの「うだつ」とは、このように屋根の両端を一段高くし、火災の時の類焼を防ぐ防火壁のことです。
また、この「うだつ」は、裕福な家しか造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉ができたそう。


この辺りは、うだつの上がる家が続いています。


ここは、最も古いうだつが上がる、庄屋兼和紙問屋であった町家です。江戸時代中期に建てられ、明治初期に増築されたらしく、最も広い間取りになっているそうです。


古い町並みから南方向に少し外れると、旧名鉄美濃駅があります。
こちらには1999年に廃止となった美濃駅の駅舎が当時のまま展示されていて、駅舎内やホームを自由に見学できます。


駅舎内に、野口五郎のポスターがいくつか貼られているのを見てなぜ?と思ったのですが、出身が美濃市なんだそうですね。それと、代表曲の「私鉄沿線」にちなんでかな?


ホームには、路面電車3両が展示されていて、電車の中も自由に入ることができます。

特に鉄道に興味がある訳ではないんだけど、古くて貴重な遺産ということと、懐かしい感じもあって寄ってみました。

さて、予定していた観光も終わって後は帰るだけ。心配していた雨もほとんどなく、楽しい3日間を過ごすことができました。次の旅行は秋かな。

おわり

富山から岐阜へ 2日目

2018年4月13日(金)

1日目より

日の出の時刻が5時半前、能登島の方から朝日が見れるということで早起きして(5時頃にはもう目が覚めていたんだけどね)カメラをスタンバイ、きれいな日の出を撮ることができました。

右側に見えるのは能登島大橋で、時期によっては橋の上から登る朝日を見ることができるらしい。

美湾荘を朝10時に出発、富山県の海王丸パークを観光してから、岐阜県の今夜の宿に向けて走ります。


まず立ち寄ったのは、天気がよければ富山湾越しに立山連峰が見れる「雨晴(あまはらし)海岸」です。
しかし、天気は悪くないのですが、山々がくっきり見えません。かろうじて雲の下に微かに見えるかなといったところ。

今日ははっきりと見えませんが、海越しに3,000m級の山々を望めるのは、世界でも珍しいんだとか。


次にやって来たのは富山県の「海王丸パーク」、名前のとおりここには海の貴婦人と言われる「海王丸」が、現役当時のままで係留・公開されています。

写真は駐車場に車を止め、係留された海王丸に向かう途中なのですが、ちょうどバックに雪をかぶった立山連峰が見えて、海王丸とのコラボがとてもいいです。


1930年に進水してから1989年の引退まで、59年間商船学校の練習船として世界中を回り、引退した翌年に富山にやって来たんだとか。内部も公開されていて、1人400円で乗船できます。

それにしても、90年近く前に作られた船とは思えないくらいきれいな船体をしています。

ちなみに現在の海王丸は、1代目の引退と同時に2代目として竣工したそうです。


主マストは海面から42mの高さがあるそうで、甲板からマストを見上げると、より高さが分かりますね。


船首から前方につき出している、これを斜檣(しゃしょう)と呼ぶそうです。しかし、この漢字は読めません。


「航海船橋」と言い、入出港する場合などエンジンで走る際に船を操縦する所、船長が操船や通信などの指揮に当たります。


「船長公室」で、来客者の面会したり、航海士から報告を受けたり、会議を行う部屋、と書かれています。


訓練生の宿泊室ですが、この狭いベッドを見ると、これで長い航海に出るのは私には到底無理だと思いました。


船の最後尾に置かれた「舵輪」です。帆走中は帆の状態を見ながら舵をとるために最後尾にあるそう。
ピカピカに磨き上げていますね。

さて、この後は岐阜県の「ひるがの高原」まで直行です。

ひるがの高原は、夏は避暑に、冬はスキーにと賑わいそうですが、今の時期はほとんど観光客もなくひっそりした感じ。


スキー場のすぐ横に「あやめ沢湿原」があり、ミズバショウの群生地となっています。しかし、ここも見頃ではなく時期的にはもう少し後のようです。事前にネットで確認すると、咲き始めている状況だったので、少しは見れるかなと。


湿原への入り口付近ですが、ここから見る限りでは花が咲いている様子はないです。


少し木道を歩いて行くと思ったより結構咲いてましたね。そういえば、ちょうど去年の春に行った「阿智村」でもミズバショウが見れましたが、こんなに咲いてなかったですね。


見頃を迎えるときに来てみたいものです。


あやめ沢湿原のすぐ近く、「分水嶺(ぶんすいれい)公園」があります。分水嶺とはここに流れてきた水が、太平洋と日本海に分かれて流れて行く分岐点なんですね。


ここが分岐点。左に行くと太平洋に向かって長良川となり、右に行くと日本海に向かって荘川となります。運命の分かれ道ですな。

ではでは、2日目の宿に向かいます。


午後4時頃「満天の宿」に到着です。標高が約1,000mにあって空気がきれいなのか、雲のない素晴らしい青空が広がっています。
今夜は満天の星空を見ることができそう。

「満天の宿」はウイングヒルズ白鳥リゾート内にあり、すぐ横はスキー場になっています。

宿の前はスキー場の広~い駐車場ですね。何台駐車できるんだろ?と思うくらいの広さだけど、止まっている車は数台だけ。

写真は宿の全景です。客室は2階部分になり、全8室だけの小さな宿ですね。部屋は和室と和洋室の2つのタイプがあり、全室に温泉の露天風呂が付いています。


私たちが宿泊したのは、和洋室のタイプ。当然和室タイプより料金は高くなるけど、ベッドのある方が良かったので、和洋室を選びました。和室側はほとんど使用していないのでもったいと言えばもったいないかな。


館内に大浴場はなく、お風呂は部屋にある露天風呂とシャワー室のみ。

露天風呂はスキー場の駐車場側にあるため、完全に目隠し状態で、外は全く見えません。でも、スライドして開け閉めができる戸が付いているので、浸かってしまえば湯船から顔だけ出して、開けておくのもありかな。
といっても、気になるのでフルオープンはできないけどね。

温泉はいうことなし、ヌルヌル・ツルツル感が最高のお湯です。


露天風呂からの景色です。雪をかぶった山々が白山連峰です。駐車場を挟んで見える建物は「満天の湯」、入浴料は800円ですが、広い内風呂と露天風呂があります。


夕食までに時間があるので、さっそく「満天の湯」に行ってきました。うれしいことに、ここの宿の宿泊者は部屋の鍵を見せると無料で入れるんです。
露天風呂は最高でしたね。何の目隠しもないので解放感は抜群、景観もよくてとても気持ちがいいですね。それに、ひとり先客がいましたが、すぐに出て行ったのでその後ずっと貸し切り状態でした。

3日目に続く

能登へ 1日目

2018年4月12日(木)

待ちに待った旅行の日です。

朝8時半頃に家を出発、1日目の予定は名神から北陸道に入り、千里浜なぎさドライブウェイを通って、能登金剛、のとじま水族館、そして今日の宿「美湾荘」に向かうルートです。

天気は今日明日と晴れの予報。しかし、家を出てしばらくは雲が多くどんよりした空模様で心配だったけど、千里浜に着いた頃には青空も広がり一安心。


北陸道を金沢東ICまで行き、のと里山海道に乗って今浜ICで降りると、すぐ千里浜なぎさドライブウェイに入ります。
日本で唯一波打ち際を車で走ることができる、全長約8Kmの道?だそう。

非常に細かい砂で、適度に湿って固く締まっているため、車でも走ることができるんですね。


夏場の海水浴シーズンはかなり混雑するようだけど、この通りシーズンオフで平日の今日は、車もまばらでガラガラ状態です。見渡す限りの砂浜と海を見て走る爽快感はたまりません。

ここは2度目なんですが、1度目はかなり昔なのでほとんど覚えていません。その時も車だったのですが、多分気持ちよく走ったんでしょうね。

この後、道の駅のと千里浜で昼食を済ませるですが、この時点で予定より1時間ほど遅れていたため、次に向かう予定の能登金剛は中止して、場所的に近いのと鉄道「能登鹿島駅」の桜を見に行くことに変更。


能登鹿島駅は、七尾湾の海沿いを走る、のと鉄道七尾線の駅です。また、能登鹿島駅は「能登さくら駅」の愛称で呼ばれていて、桜の名所にもなっています。

実はここも最初から予定に入れようかと思っていたんだけど、一週間ほど前に満開だったので、もう見頃も過ぎただろうと思い、予定から外したんですね。
しかし、ネットで確認してみるとまだ大丈夫そうだったので、急遽変更した訳です。


ここ数日の寒さの影響で、まだ散らずに残っているとの情報でしたが、ちょっと寂しいかな。でも、観光客はたくさんいたし、「撮り鉄」と思われる人もいましたね。

桜をバックにこんな写真が撮れました。ラッキーなことに車から降りると同時に、電車の音がしてホームに入って来たんです。本当にグッドタイミングでした。
電車の時刻を調べてみると約1時間に1本、本当にラッキーでした。


次に向かったのは、七尾湾に浮かぶ能登島の「のとじま水族館」。大きな駐車場がありましたが、止まっている車は数台だけ、平日とはいえ寂しいですね。

入場料はひとり1,800円、中はそれほど広くはなく、多くの種類の魚などが展示されている感じはしませんでしたが、それなりに楽しめました。


大きな水槽ですが、ジンベエザメにとっては狭いかな。青くて薄暗い照明ですが、2匹のジンベエザメが間近で見れます。


トンネル水槽は、上からの自然光でとても明るく、イルカたちの泳ぐ姿がよく観察できます。真上を通るイルカを撮ろうとするんだけど、イルカのスピードについていけません。


一番の見所がイルカとアシカのショー、体の大きいアシカやイルカたちが、色々な芸を見せてくれます。

イルカがいっせいに高く飛ぶジャンプは、迫力がありますね。30分ほどのショーでしたが、最後まで飽きることなく見入ってしまいました。

もう午後4時半になりました。後は宿に向かうだけです。


能登島から和倉温泉地区に架かる橋で、長さ1,050mの「能登島大橋」です。

能登島大橋を渡るとすぐ和倉温泉に入ります。今日の宿「ゆけむりの宿 美湾荘」もすぐに到着です。
美湾荘は七尾湾の海に面した宿で、部屋数が69室あるちょっと大きな旅館といった感じ。ロビーも広くて、たくさん並んだソファーの1つに案内され・・・


ウェルカムドリンクは抹茶と、七尾の名物「大豆飴(まめあめ)」というお菓子です。


部屋は3階の和洋室で七尾湾が一望できます。


部屋のお風呂はもちろん温泉です。


夕食・朝食は2016年4月にオープンした食事処で、海を見ながらいただくことができます。
カウンター席のように窓側に向かって二人で並んで座る席と、窓から離れているけど向かい合って座るテーブル席が用意されていたのですが、もちろん海がよく見える窓側でお願いしました。

2日目に続く

春の旅行予定 その3

2018年4月5日(木)

和倉温泉に宿泊するのなら、能登半島一周も可能かなと思っていたんだけど、どうも無理っぽい。

1日目、家から和倉温泉の宿まで直行するとして、休憩も入れると、5時間以上はかかりそうなので、その日のうちに能登半島一周はちょっと厳しいかなと。

翌日は和倉温泉から岐阜の宿まで約3時間、一旦逆方向の北側に向かい、能登半島を回ってからとなると、これもまた厳しいか。

日程を逆にして1日目を岐阜、2日目を和倉温泉にすると、帰りは遅くなるけど最終日に行くことは可能。でも、それだと予約が取れないんだよね。

他の宿も探したけど、これといった宿もないので今回は能登半島一周はあきらめることに。

あまりハードなスケジュールは立てたくないし、なるべく移動は少なくしてゆっくり行きたいので、宿への途中でどこか観光できる所を探すことに。

旅行1日目

春の旅行予定 その2

2018年3月30日(金)

1泊目が石川県の和倉温泉にある「ゆけむりの宿 美湾荘」という七尾湾の海に面した宿です。

部屋数が69室あるので、割と大きめの宿ですね。近くには「加賀屋」という高級な宿もあります。

能登近辺ではこれといった宿がなかなか見つからなくて、最終的にこの美湾荘の「期間限定のお試し超割プラン」というリーズナブルなプランを見て、この宿に決めました。

2泊目は海から山に変わります。岐阜県の奥美濃、標高1,000m付近にある「満天の宿 」というお宿。2014年12月にオープンした全8室の小さな宿で、全室に温泉の露天風呂が付いてます。

料金は1泊目より少し高くなりますが、ここは迷うことなく決まりました。
宿の名前の通り、満天の星空が見れることを楽しみにしてます。

ということで、あとは観光する場所を決めるだけかな。

その3に続く