「3.お出かけ」カテゴリーアーカイブ

けいはんな記念公園の「水景園」へ

2020年6月27日(土)

京都府精華町の「けいはんな記念公園」内にある「水景園」に行ってきました。

駐車場に車を止め、広い芝生広場を通って水景園に向かうのですが、芝生広場はたくさんの家族連れで賑わっていました。

水景園内は有料で200円必要ですが、60歳以上は無料で入れます。入り口で免許証などの身分証明書を見せるだけでOK。

入り口から少し歩くと観月橋と言われる池の上に架かった、長さ約120mの橋が現れます。10mほどの高さがあって、橋の左方向には園内がほぼ見渡せます。
橋の向こうに見える建物は「観月楼」という交流施設らしい。
右方向を見ると、巨大な石が並ぶ「巨石群」。約500個の巨石からなり、長さ150mほど続いています。岡山県犬島産の御影石らしいけど、1個数十トンもある石をこれだけ運んで来るこが凄いですね。

まずは橋を渡らないで、この巨石群の下まで降りて行きます。
間近まで行くと石の巨大さが分かりますね。
数は少ないけど、アジサイも咲いていました。
巨石群を抜けると「紅葉谷」。秋になると色づいたモミジがキレイです。
観月楼の建物前まで来ました。池にはたくさんの鯉が泳いでいて、歩くと餌をもらえると思うのか後を付いて来て、止まると口を開けて集まります。

この池の周りの遊歩道を一周します。
池の一番奥まで行くと、水辺に群生する「半夏生(はんげしょう)」が見られます。花が咲く頃に、花に近い数枚の葉が白くなることで知られていますね。
池の対岸には観月楼が見えます。
石を棚田状に並べて、上の池から下の池に水が流れるように作られた「水景棚(すいけいだな)」。ここの飛び石を渡り、間近に水景棚を見ながら観月楼まで戻ります。

喉が渇いたので、自動販売機はないかと観月楼の中に入って探しましたが、なさそうなのであきらめて戻ります。

けいはんな記念公園も3度目くらいかな。今日は曇り空でそれほど暑くないかなと思い、運動も兼ねてやって来たけど、以前と変わり映えもなく、見る所もあまりないですね。

歩いた距離は約3Km、少しは運動になったでしょうか。

1万株のアジサイ!京都福知山のあじさい寺「丹州観音寺」へ

2020年6月20日(土)

あじさい寺として知られる、京都府福知山市にある「丹州観音寺(たんしゅうかんのんじ)」に行って来ました。

約100種1万株のアジサイが、ちょうど見頃を迎えた時期で、それなりの人出だったと思います。土曜日でもあり、例年だったら大混雑だったかも知れません。

2週間ほど前に行った「あやべグンゼスクエア」から15分ほどのところにあるので、バラとアジサイの見頃が同じ時期だったら一度で済むのになと思ってしまいました。

今年は自粛拝観となり、丹州観音寺のホームページには拝観についての注意事項が書かれています。

家から1時間40分くらい、10時50分頃に到着。運悪く一番近い駐車場が私たちの前の車で満車となり、坂を登った墓地の駐車場に案内されました。

お寺へは墓地内にあるこの入り口から一人300円を拝観料箱に入れて降りて行きます。
「あじさいの時期はここからの入寺を禁止します。」と書かれていますが、係員の人もいて今はOKみたい。
降りて行くといきなり本堂に到着。いきなり参拝となりました。

下の駐車場からだと、山門をくぐり、拝観料を払って手水舎で手を洗って参拝となる訳ですが、その逆のコースですね。
賽銭箱の真上あたりにある大きな鈴を鳴らす紐も、触れないようにしてありました。
本堂から降りるとアジサイの花を浮かべた手水舎があり、普段だとここで参拝前の手洗いをするのですが、ここでも柄杓は片付けられていました。
更に下に降りて寺務所の横手、ここのアジサイが圧巻。斜面を埋め尽くす満開のアジサイが見事です。
そして、SNSでも話題の縁側の大きなガラス戸に鏡のように写る、アジサイがとても素晴らしい。
綺麗に写るように、内側には黒いカーテンが掛かっているのですが、実際に目で見るよりこうして写真で見た方が、鮮やかでクッキリ見えます。
人が少ない時を狙って撮ったので、あまり写っていないけど、ここでカメラを構える人が一番多いでしょうか。
ここから山門に向かうのですが、山門まで行くためはお寺から出ることになります。ここを抜けたあとにある拝観料を払うところで事情を話すと「いいですよ、ちゃんと顔を覚えておきますから。」と、親切に言っていただいたので、お言葉に甘えて一旦出させていただきました。

後でこの写真を見て気が付いたんだけど、左下にはハートのアジサイが写っていましたね。
山門までの通路にもたくさんのアジサイが植えられています。
そして、来るときに満車だった駐車場横の素晴らしいアジサイも見ることができました。
看板には「自粛拝観」「ルールを守って拝観下さい」と書かれています。

この後、引き返して改めて山門をくぐり、再度本堂まで行き、駐車場に戻ります。

「関西花の寺25ヵ所」という花がご縁のお寺がありますが、第1番札所がここ丹州觀音寺なんです。

25ヵ所のうち、訪れたことのあるお寺はここを含めて2ヵ所だけ。いつかはすべてのお寺を制覇したいですね。

綾部市の「あやべグンゼスクエア」のバラ園へ

2020年6月5日(金)

新型コロナウィルスで自粛生活が続いています。
4月中旬からは会社も本格的に在宅勤務となり、週一の買い物と周辺の散歩以外は、ほぼ自宅から出ることもなく、約3ヶ月が経ちました。

5月末に緊急事態宣言が解除となったので、少し息抜きのため、最近新聞で見た「あやべグンゼスクエア」のバラ園に行ってみることに。久々のドライブですね。

ブログも3月末に投稿してから久々の更新となります。

家を出たのが11時頃、途中の蕎麦屋でランチをいただきました。これもまた久しぶりの外食ですね。
事前にネットで探していた店だったのですが、イマイチ私たちには合いませんでした。
あまりにも久しぶりだったのか、料理の写真も撮り忘れて、写真は店を出たあとに撮ったこの一枚だけ。
午後1時頃に「あやべグンゼスクエア」に到着。緊急事態宣言が解除されても、もちろんマスクは必須ですね。
平日ともあって人はまばらで、3密の危険はなさそう。
グンゼと言えば、紳士肌着メーカーとしてあまりにも有名。本店が京都府綾部市にあり(本社は大阪で綾部市は登記上の本店らしい。)その綾部市に、「あやべ特産館」「グンゼ博物苑」「綾部バラ園」の3施設がある『あやべグンゼスクエア』が、2014年5月にオープンしたそうです。
満開を少し過ぎた時期だったのか、暑さのせいなのか全体的に花がちょっと元気がない感じ。でも、とても綺麗でした。
園内には、120種1,200本のバラが植えられています。
天気は良かったけど、ゆっくり見て回るにはあまりにも暑くて、中にあるカフェで休憩したあと、早々に引き上げました。

これからも自粛生活が続くと思われるけど、息抜きとストレス解消のために、たまには何処かに出掛けることにします。

●おまけ

5月中頃に届いた一家に2枚だけの、あの「アベノマスク」、大事にとっておきます。

木津川河川敷を散歩

2020年3月21日(日)

コロナウィルスの影響で買い物以外は、家に閉じこもっていましたが、少し運動も兼ねて木津川の河川敷を散歩してきました。

東京では観測史上最速の開花となった桜ですが、ここではこの早咲きの桜が満開。早咲き以外の桜も蕾が膨らみ始めているので、もうすぐ開花しそうな感じ。
桜の時期に合わせて咲くユキヤナギ。去年はもっと枝を延ばして、もっとたくさんの花を付けていたと思いますが、剪定して枝が短くなったのか、ちょっと寂しい気がします。
満開の菜の花畑がありました。確か去年はなかったと思います。

京都南端 宇治茶の生産地、和束町の茶畑へ

2020年2月2日(日)

宇治茶の主産地である、京都府南部の「和束(わづか)町」に行ってきました。

山に囲まれた和束町に入ると、山の斜面一帯に広がる茶畑に出会えます。中でも「石寺の茶畑」は有名。

今日はその「石寺の茶畑」の前にある「dandan cafe(ダンダン カフェ)」で、ランチをいただこうかなと。dandan cafeは昨年(2019年)4月にオープンしたカフェです。

やって来たのは、石寺の茶畑からは少し離れた「和束茶カフェ」。和束町で生産しているお茶を集めた直売所で、お茶のスイーツやお茶セットなどがいただけます。

ここでウォーキングマップをもらって、途中茶畑を眺めながら「石寺の茶畑」へ向かいます。

車でやって来て、 ここを拠点にして茶畑を歩いて回る人も多いようです。
道沿いにはこのような案内がたくさんあるので、まず間違うことはないですね。
「石寺の茶畑」まで、2.6Km、往復すると5Km以上あります。

片道2.6Kmなので、往復すると5Km超え。いい運動になるかと
途中こんな茶畑や・・・
こんな茶畑を見ながらゆっくり・・・
歩くこと約40分。
目的の「dandan cafe」に到着。
道沿いに建っていますが、入口は道から回り込んだ裏手側にあります。
実は、ランチは予約が必要みたいで、空いている席も予約席だったのですが、1時間までだったら大丈夫ということで、ランチもいただくことができました。
席は、大きな窓に向かって設置されたカウンターテーブルで、ちょうど正面に有名になったこの茶畑が広がっています。
注文したのは日替わりのdandanごはんです。ランチとしては、あとオムライス、ドライカレーのみのようですね。
美味しくいただきました。
私たちは「和束茶カフェ」から歩きましたが、ここにも駐車場があります。道路を挟んだ向かい側が「dandan cafe」の駐車場になってます。
すぐ近くにある一番の展望スポット。平成27年に和束町の茶畑景観が、日本遺産に選定されたそうです。

このあとは戻るだけですが、ウォーキングマップのルート通り、少し遠回りして戻ります。
途中、道を横切って茶畑の中を下に降りていく野生のサルを何度も目撃。しかし、私たちを見つけるとすぐに逃げて行くので、近くから撮ることはできませんが、それらしき姿が遠くに写っているのがこれ。

大きくトリミングしてみたものの、ほとんど判別できないですね。
「和束茶カフェ」に戻ったのが午後1時過ぎ、ランチを入れて2時間ちょっとの散策でした。

結局、歩いた距離は6Kmを超えていたみたい。妻は特に疲れたようなのでお茶休憩をすることに。

「和束茶カフェ」でもよかったけど、近くに「d:matcha Kyoto」という、カフェと食事ができる店があるので、そこに行くことにしました。
すぐに到着。
和束町産のお茶の販売や、お茶を使ったスイーツ、ドリンクなどをいただくことができます。

窓からは茶畑を一望。店内をよく見ると、壁というかパーティションは段ボールを積み上げだけのようで、自由に変更ができるみたい。
二人とも甘いものが食べたかったので、この 抹茶ぜんざい をお願いしました。抹茶の中に2コのお餅と栗、餡が入ってます。

抹茶自体はもちろん甘くなく、餡と一緒に食べるとちょうどいい塩梅。美味しかったです。

では帰ります。