「手打ちそば 三津屋 妹尾(兵庫県 丹波)」カテゴリーアーカイブ

手打ち蕎麦「三津屋 妹尾」

10月末、ススキを見に行って、ついでに近くに美味しい蕎麦屋があれば、お昼は蕎麦にしようということになり、蕎麦屋も含めて探してみました。ススキといえば奈良県の「曽爾高原(そにこうげん)」が有名なんですが、ちょっと遠いけど近辺に美味しそうな蕎麦屋がたくさんある、兵庫県の「砥峰高原(とのみねこうげん)」に行くことに。

DSC_0245
時間的にまずは昼を食べてからススキ見物ということで、寄ったのは丹波市にある「三津屋 妹尾(みつやせのお)」という古民家の蕎麦屋さんです。

DSC03291
昔の古民家をそのまま利用しているようで、畳敷きの部屋一室を使ってテーブルも手作り感いっぱいです。私達は窓際のカウンター風のテーブルで、外の景色を見ながらの食事となりました。

DSC03283
まずは、そばがきです。蕎麦の風味が一番味わえると思うので、私は好きなんですが、今までに食べたそばがきの食感と違って、柔らかくて少しベタっとした感じ。やはり、もちモチモチとした食感のほうが好きですね。

DSC03295
注文した蕎麦は、二八と十割が両方味わえる「相乗りそば」、薬味は少々のネギとダイコン卸し、そしてワサビと塩が付いてきます。塩だけで食べるのも美味しいですね。店主いわく、ワサビはつゆに入れるのではなく、直接蕎麦に付けて食べてみて下さいとのこと。これが結構美味しいんですね。いいことを聞きました。

DSC03297
左側が十割蕎麦、右側の少し白っぽいのが二八蕎麦です。ん~ん、味オンチの私には、食べ比べてみてなんとなく違いが分かる程度(^_^;)・・・もったいない。

DSC03299
天ぷらはカラッと揚がっていて、熱々が美味しかった。サツマイモ、カボチャ、ナス・・・あとは・・・??

DSC03286
出し巻玉子もふわふわで美味しかったです。

DSC03301
蕎麦は「そば湯」まで楽しまないともったいない。とろっとしたそば湯で、とても濃厚な感じです。

DSC03303
最後に妻が「自家製そばがきぜんざい」を注文。食べ始めてから写真を撮ってないのに気付いて、食べかけを撮ったため、見た目は美味しさ半減かな。
地域によっても違うのだろうけど、私の中で「ぜんざい」と言えば、小豆に汁があるはずなのですが、ここではつぶあんだけなんですね。
私も少しいただきましたが、甘さ控えめで美味しかったです。

IMG_20151115_0001
丹波市近辺にはたくさんの蕎麦屋があります。これはお店にあったパンフレットですが、9年ほど前に「奥丹波にそば街道をつくっていきたい」と、一軒の手打ち蕎麦屋から始まり、現在では「奥丹波そば街道の店」は7店舗になったそうです。できるなら全制覇したいところですが、ちょっと遠いですね。でも、是非また来てみたいです。


お店メモ
三津屋 妹尾(みつや せのお)
〒669-3804 丹波市青垣町田井縄640
TEL:0795-87-2550
お店のブログ:http://blog.livedoor.jp/mituyasenoo/