「4.たまには外食」カテゴリーアーカイブ

長野県木曽町の開田高原にある「宿とそば処 ふもと屋」

2019年9月18日(水)

旅行途中、蕎麦の産地でも有名な、信州開田高原にある「宿とそば処 ふもと屋」という一軒の蕎麦屋に立ち寄りました。

事前に調べておいた店で、名前の通り宿もやっている店ですね。

着いたのが11時少し前、開店時間の11時まで待っていると、暖簾を掛けに出てきた女性の方に「あちらからお入り下さい。」と、ここではなく左から裏手の方を案内されました。
裏手にある建物、こちらは宿の玄関ですね。
玄関から入ると、そこは結構歴史のありそうな感じ。靴を脱ぎ、右手にある通路を行くと、テーブルが置かれた畳の部屋があります。
ここは宿の食事処になるのでしょうか。10台ほどのテーブルが置かれていて、もちろん私たちが一番乗りです。
蕎麦のメニューとしては右側にある2種類のみ。「とうじそば」といわゆる「ざるそば」です。
注文したのは「とうじそば」と「ざるそば2枚」、とうじそばは二人でいただくことにしました。
最初に出てきたのが、とうじそば。たっぷりの汁と油揚げ、ネギが入った鍋を火にかけます。
蕎麦はこんな感じで出てきます。
写真を撮るのを忘れていて、半分食べてからの写真になってしまったけど。
熱々の汁の中に、このように蕎麦を柄杓のような形の竹カゴに入れて温めます。
そして、温めた蕎麦と具や汁をお椀に入れていただきます。

実は開田高原で蕎麦屋を探していて、「ふもと屋」で食べれる「とうじそば」を知り、是非食べてみたくてここに来ようと決めたんです。

美味しかったです。汁は甘辛くて、けっこう濃いので、蕎麦を汁に浸けて食べる感じだとちょうど良く旨い。
こちらはざるそば。
「とうじそば」もですが、蕎麦自体にはあまりコシがないように思いました。

手打ちそばの「藤与志」でランチ

2019年9月1日(日)

場所は京都府京田辺市、周りは住宅街でその中にあります。

開業して30年というから結構古い店なので、人気があって美味しいのでは、と思って行ってみました。

11時半頃に到着、住居を兼ねた店のようで、右側の玄関と2階が住居かな?
店の前は車3台分ほどの駐車スペースになっているけど、まだ車はありません。
店内に入ると先客が一人いて、私たちは2番目だったよう。

中は思ったより案外広く、4人掛けのテーブル席が8つ(内ボックス席が3席)あと座敷席が2つあり、一番奥が厨房になってます。

30年もやっていると、汚れが見立ってくると思いますが、そんなことはなく掃除もきれいに行き届いているよう。
早速テーブルのメニューに目を通しますが、これがまた案外安い。かけそば・かけうどんが400円は安いですね。ホントに手打ち?と思ったけど、厨房からは麺を打つ音が聞こえてきます。
それにしてもメニューの多いこと。丼物、定食、一品物と、たくさんあってどれも安い。手打ちうどん、そばの店というより町の食堂といった感じですね。
注文したのは二人ともこの天ざる、それと別におにぎりを3個お願いしました。
ただ、天つゆがないんですね。忘れているはずはないと思うので、天ぷらもそばつゆで食べるんだろうと。
そばに関しては、少しコシが弱い感じがするけど美味しかったです。

後でネットで調べてみると、カレーうどんが美味しいらしい。なので、次はカレーうどん、もしくは妻が気になっていた「とんかつおろしそば」かな。

3年ぶり3回目の「黒田園」でランチ

2019年7月5日(金)

信楽町にある手打ちそばと朝宮茶の店「黒田園」、久しぶりの蕎麦ランチを食べにやって来ました。

3年ぶりですが何も変わっていません。相変わらず人気があるようで、私たちは待つことなく入れましたが、その後すぐに満席になりました。

大きな古民家をそのまま使用した感じの店です。
店に入ると広い土間があり、そこに2つのテーブルが並んでます。1つは大きな囲炉裏のあるテーブルですね。いくつかテーブルの並んだ座敷席もあります。
注文したのは平日のセット。3種類あって二人とも海老天セット(1,600円)を注文しました。
大きな海老の天ぷらが2尾あって結構ボリューミー。
丸く盛り付けられた蕎麦は、ギッシリ詰まった感じで量もたっぷり。細麺だけどコシもあって美味しいですね。
最後はトロっとした蕎麦湯でこれも美味しい。この可愛らしい器も前から変わってないですね。

三重県名張市の「そば.けいた」でランチ

2019年6月10日(月)

奈良の「滝谷花しょうぶ園」に行くことになり、近くにランチのいい店はないかと探して見つけたのが、「そば.けいた」という蕎麦屋です。

しょうぶ園とはちょっと離れているけど、人気店のようなので行ってみることに。

開店は11時半ですが、到着したのは開店5分前。店の横には4台分の駐車スペースがあり、すでに1台の車が止まっていて開店を待っているようでした。

場所は三重県名張市、住宅街の外れにあります。看板も何もなく、暖簾は掛かっていますが、このように真っ白な暖簾なので、何の店かも分からないですね。
高い天井と窓も広めで明るく、余計な物はなくシンプルでスッキリした感じの店内です。
6人掛けのテーブルが2つと、2人掛けが1つ、それと小さめの丸いテーブルが1つなので、4組座れば満席ですね。
私たちは6人掛けのテーブルに座りましたが、すぐに4組の客で満席になったので、相席をお願いされると思ったけど、空くまで待ってもらっていましたね。
この辺りは冬になると寒さも厳しそうで、外には薪ストーブ用の薪がたくさん積まれています。
メニューを見ると全体的に高めかな。
「そばがき」が好きなので、メニューにあればいつも注文します。モチっとした食感が好きなのですが、ちょっと柔らか過ぎかなあ。
蕎麦は二人とも天ざるを注文。天ぷらはすべて旬の野菜で、美味しいのですが、エビの1匹くらいは欲しいかな。
細めの麺ですが、それなりにコシもあって美味しかったです。
最後は妻が注文した「そばこ」という名前のデザート。そばがきに生醤油(だったか?)を付けてきな粉をかけたものです。
帰りはこのように店の横の駐車スペースは満車で、それでも止められない車が店の前の道にも駐車していました。

では、これから「滝谷花しょうぶ園」に向かいます。2、30分ほどで到着かな。

滋賀の手打ちうどんの店「輝良里(きらり)」

2019年3月18日(月)

石山寺からの帰りに寄りました。国道422号線を石山寺から南へ約4Kmほど下った、瀬田川沿いにうどんの店「輝良里」があります。

ちょうど昼どきで混み始める時間帯に到着。割と人気店らしいので多いかなと思ったけど、駐車場にはまだ4台ほど止まっているだけでした。

外観もだけど店内も真新しい感じがするので、最近オープンしたのかなと思ったのですが、調べてみるとオープンしたのは2010年らしい。

川沿いに建っているので、窓側の席に座れば眺めが良さそうなのですが、3席ほどある窓側はすでに満席でした
こちら、妻が注文した「特製天麩羅うどん」1,140円
私は「特製天丼セット」1,250円を注文。

うどんはコシがある方ではなく柔らかめ。出汁は鰹節がよく効いた薄めの味ですが、これがとても美味しかった。