と☆ち のすべての投稿

奇岩・巨岩の金勝アルプス

2020年12月12日(土)

滋賀県のびわ湖南部にある「金勝(こんぜ)アルプス」へ山登りに行って来ました。
金勝アルプスは鶏冠山(けいかんざん)、竜王山の山々を言い、稜線にはたくさんの巨岩、奇岩が続き、特に天狗岩の上からは琵琶湖の素晴らしい眺望が楽しめます。

登山口のある大津市の一丈野駐車場に10時20分頃到着。駐車料金700円を支払います。

ここから鶏冠山を目指し、更に天狗岩へ向かいます。

一丈野駐車場からの登山道、しばらくはなだらかな道が続きます。
途中、こういった標識が所々に設置されていて、確認できるので安心。標識のとおり、北谷線を通って鶏冠山に向かいます。
なだらかだった道も徐々に急坂に変わり、息も上がって立ち止まる回数も多くなります。
鶏冠山の少し手前、標高444mの小鶏冠山に到着。
ここまで標高差270mほど、距離にして2Km足らずですが、約1時間かかりました。
小鶏冠山から10分ほどで、標高491mの鶏冠山に到着。ここから天狗岩を目指しますが、更に1時間ほどかかる見込み。
ここからは一旦下って行きます。
天狗岩、耳岩方向に進みます。ほぼ一本道なので間違うことはないですね。
徐々に岩が多くなってきます。
こんな岩場や・・・
こんな岩の間をくぐって進むのですが、変化があってなかなか面白い。
天狗岩が見えてきました。この辺りになると眺望もよく、びわ湖を見渡すこともできます。
岩の間の細い道が続きます。
もう間近ですね。
ここから天狗岩には、左方向から回り込んで、後ろ側に向かうようです。
鶏冠山から1時間10分、天狗岩に到着。休憩する人たちで結構賑わっています。

右手に見える滑り台のような岩から天狗岩の上まで行くことができるのですが、降りて来る人たちもたくさんいるみたいなので、先に昼食をすることに。

なんとかスペースを見つけてランチタイムですが、その間に皆さん移動を始めていたようで、昼食を終わる頃にはほぼいなくなっていました。

なので、いざ天狗岩へ・・・最初ロープを使って少し登り、その後岩と岩の狭い間を通り、最後は自力でよじ登ります。
岩の上は3、4畳?ほどの割と平らなスペース。でも、柵がある訳でもないので、中ほどに立っていても恐いです。

この景色は東寄り方向の眺めだと思います。中央あたりに薄っすらと見える形のいい山が、近江富士と呼ばれる「三上山」です。
とりあえず、びわ湖側の写真を2、3枚撮り、上がって来る人が数人いたので、少し待ってから降りました。
降りる途中なんですが、こんな狭い所を通って上がって来たんですね。
天狗岩を後にして帰りは別ルート。来た道を戻るのではなく更に進んで行きます。
来る時と逆方向からの天狗岩の眺めです。
登ったのは一番上の大きな岩ではなく、向こう側にある岩・・・かな?
ビミョーなバランスで乗っかっていて、ちょっとした地震でもあれば落っこちそうなんだけど、大丈夫なのが不思議。いつからここに立っているんだろ。
この辺りからは天狗岩線のルート。ひたすら下って戻りますが、ロープがなければ厳しい道も多い。
ここにもビミョーなバランスで立っている岩がありました。ちょっと押せば倒れそうな感じがするのですが・・・。
この天狗岩線の戻るルートは、ほぼ岩ばかりの険しい道。
やっと下山できました。この辺りはキャンプ場の敷地内のようです。
キャンプ場を抜けると出発地点の駐車場。約3.1Kmの下り坂を1時間半かけて戻ってきました。

結構疲れましたが、単純な山道ではなく岩の間をくぐり、岩に登り、ロープあり、鎖ありのバラエティーに富んだ楽しめる登山でした。

他にもたくさんのルートがあるので、次回は別ルートで登るのもいいですね。

ほしだ園地の「星のブランコ」へ

2020年12月5日(土)

1年振り、ほしだ園地の「星のブランコ」。
ここの所いい天気続きで、冬晴れのきれいな青空を見上げながらの楽しいハイキングとなりました。

「磐船(いわふね)神社」近くの道沿いの駐車スペースに車を止め、少し歩いてこの入り口からほしだ園地に入って行きます。
舗装された急坂をしばらく歩き、この標識から「せせらぎの路」に入ります。
ここからは、ちょっとした登山道になり、星のブランコへは大きく迂回することになりますが、ハイキングを楽しむことにします。
川沿いの道を通って、暫く登りが続きます。
せせらぎの路から「まつかぜの路」に入ります。
道はちょっと狭いので、通行はひとりずつですね。
「ハンバーガー岩」と言う名前の巨大な岩。確かにハンバーガーに似てますね。
やまびこ広場から星のブランコに向かいます。
やまびこ広場に到着。
昨年より10日ほど早かったからか、今年の方が色づきが綺麗かな。
名前は「星のブランコ」だけど、もちろんブランコのように揺れる訳ではないです。
まあ少しは揺れるけどね。
橋を渡ったあとは道なりに下って行き、橋の真下を通って、クライミングウォールや園地案内所がある場所まで向かいます。
クライミングウォールに到着。ここにあるベンチでお昼にして暫しの休憩です。
ほしだ園地内で900mと最も長く、急坂や階段の続く「落葉の路」を通り、展望デッキへ向かいます。
二人ともヘトヘトになりながら登ります・・・体力の無さを実感。
30分ほどかけて、展望デッキまで登り切りました。ここからの眺めが一番素晴らしい。
少し休憩して戻ります。
ほしだ園地入り口まで戻り、右方向に道路を歩いて駐車場まで戻るのですが、左逆方向にレストランらしき看板があるのに気が付いて、前まで行ってみるとそこには「おじいさんの古時計」というカフェ&レストランがありました。
疲れていたので、ここでコーヒータイムにすることで即決。
店の中は、名前のとおり古時計がずらりと並んで掛けてあります。写真に写っているだけでなく、左側にも後ろにもたくさん並んでました。来たのが午後1時前だったので、1時になる頃には時間差で時刻を知らせる鐘が鳴り始めました。

あとで知ったのですが、ここはカレーが人気らしく、そういえばみんなカレーを注文していましたね。
私たちは、あったかいコーヒーと甘いケーキでほっこり。

在宅勤務の日は早朝散歩

2020年10月27日(火)

在宅勤務の日は当然ながら通勤しなくていいので、その時間を何か別の事に使えますよね。なので、朝は仕事が始まるまでの時間を、できるだけ散歩に充てることにしました。

でも、あまりに寒くなってくると、あったかい布団で寝る時間に充てることになりそうですけどね。

そんな訳で今日は、散歩途中の朝の風景を撮ってみました。

田んぼのあぜ道の草についた朝露が朝日に輝いて、とても綺麗だったので一枚。
たくさん実を付けた柿の木。鳥たちに食べられていないようなので、渋柿なんでしょうね。
花粉症の原因として有名な「ブタクサ」だと思われがちですが、これは「セイタカアワダチソウ」。ブタクサよりも目にすることが多いですが、これだけ咲いていても花粉症の原因にはならないので安心。

ブタクサは7~8頃に花が咲き始め、風によって花粉の飛散も始まります。でも、セイタカアワダチソウは、花粉を虫に運んでもらうタイプなので、花粉症にはならないそうです。
何の木だろうか、少し色づき始めた大きな木がありました。
田んぼに立てられた案山子。長閑な田舎の風景ですね。
雑草だと思いますが、細い葉に玉状に付いた朝露が海ぶどうみたい。
ここは、つい最近までたくさんのコスモスが咲いていた場所。コスモスは少なくなり、その代わりに猫じゃらしと呼ばれる「エノコログサ」がたくさん繁ってました。
川沿いに歩いていると正面に立っていたのがこの大きな鳥、アオサギですね。スマホのカメラを構えたままゆっくり近づいて行き、飛び立ったところでシャッターを切りました。結構近くまで寄って行けましたね。

アオサギを見ると縁起がいいと言われているので、何かいいことがある?でも、縁起がいいということを知ったのはついさっきなので、もう遅いですかね。

ということで、在宅勤務の日は朝の散歩をしばらく続けてみようかなと思ってます。

「コスモスの里 穂谷」へコスモスを摘みに

2020年10月24日(土)

コロナの影響もあるので今年は中止では?と思ったのですが、調べてみるとやっている様子。時期的に少し遅いかなと思ったけど、人が多くならないうちにということで、朝早めに出掛けてきました。

朝9時20分頃に到着、花の数は結構寂しくなっていますが、よく見ると10本100円で摘み取ることができるということで、たくさんの人が来て切ったあとのような感じですね。
あちこちにこのような表示があり、表示下の投入口からお金を入れます。
しっかりした茎の花はほとんど切られていて、残っているのはヒョロっとした茎に付いた花ばかり。
残り少ないしっかりした花10本を探します。
最近はどこに行ってもスマホのカメラばかりでしたが、久しぶりにミラーレス一眼で撮ってみました。
里芋と枝豆の畑があり、その一画では取れたての里芋1Kg300円、枝豆が3束1,000円で販売していたので、安いと思い里芋だけですが、買って帰りました。
枝豆も両手で抱えるほどの量があって、かなりお得だと思います。

手軽に楽しめる「金剛山」登山のはずだったのに

2020年10月4日(日)

奈良県と大阪府の境にある、標高1,125mの「金剛山」に登りに行ってきました。日本二百名山のひとつでもある金剛山ですが、登山ルートもたくさんあって、運動靴でも気軽に行けるルートから、登山靴が必要なルートまであるみたい。

もちろん、私たちが選んだコースは、一番利用者が多くて危険なところもほとんどない、運動靴でも行けるコースです。

少しはしんどいかも知れないけど、問題ないだろうと思っていたのですが、これが結構大変な登山でした。

9時15分、標高520m付近にある登山口から「千早本道」のコースを登ります。
最初は舗装されたなだらかな道。
すぐに階段が続く道に変わります。
少し進んでは立ち止まり、また少し進んでは立ち止まり・・・延々と続く階段にうんざり。
10時10分頃、標高約800m地点、汗だくになりながら、1時間近くかけてやっと5合目に到着。
そして、ここ5合目に来るとウルトラマンとバルタン星人に会えます。
「人生も山も苦しみも喜びもあと半分」と書かれているので、辛いけどあと半分、頑張ります。
平坦な道もたまにあるけど・・・
またすぐに長~い階段が続きます。
8合目です。
真っすぐに行く道と、左へ行く道があります。前の人が真っすぐ行ったので、私たちも同じ道を行きます。左は旧道らしい。
8合目から旧道を行くと、9合目のこの標識がある分岐点に着きます。でも、旧道を通っていない私たちには、この標識には直接たどり着けていません。
私たちが着いたのは、この標識から右に少し上がったところで、下にあるこの標識を見つけたのは妻でした。
で、もちろんこれを見て「楽な道」を選んだのは言うまでもないです。楽ではなかったけどね。
やっと到着、このすぐ上が山頂になります。
11時頃やっと到着、1時間45分かかりました。
今日は日曜日ということもあり、登山客が多いです。来る途中もたくさんの人とすれ違ったし、たくさんの人に抜かれて行ったし・・・。
金剛山と言えばこの時計のある山頂広場。ここにはライブカメラに写ろうと、たくさんの人が集まって来ます。

コロナのおかげで、半年ぶりの登山らしい登山(私たちにとって)だったけど、その間ほとんど運動もしていなかったので、ヒジョーに厳しいものでした。

下りは大丈夫だろうと思っていたけど、更に足に負担がかかって、下り後半は一歩一歩足を出すのが精一杯の状態。普段の運動が大事だなあと実感した1日でした。

このブログをアップしたのが、4日後の10月8日、未だに筋肉痛で、ぎこちない歩き方になってます。

それでも、登り切った達成感をまた味わいたいので、次はどこの山に行こうか考えている今日この頃です。