柳谷観音 楊谷寺のアジサイ

2021年6月16日(水)

京都府長岡京市にあるアジサイの寺で知られる「柳谷観音 楊谷寺(やなぎだにかんのん ようこくじ)」に行ってきた。

今日は別のところに出掛ける予定だったけど、雨になったので急遽予定を変更してアジサイを見に。

柳谷観音楊谷寺は、弘法大師空海ゆかりの独鈷水(おこうずい)が湧く「眼の観音様」として知られています。

6月6日から7月4日まで、アジサイウイークが開催されていて、境内には約5,000株のアジサイが咲きます。

京都縦貫道の長岡京インターから10分ほど。一番近い駐車場が山門前で、入ると私たちの車でちょうど満車となり、後ろの車は別の駐車場に案内されてました。
駐車料金500円を払って山門に向かいます。

山門を抜けて拝観料一人700円を支払いますが、ちょっとアジサイを見るだけなのに・・と考えるとそれなりの出費ですかね。なので、しっかりお参りもしないとね。
山門を入ってすぐの手水舎は花手水仕様。花手水は全部で5ヶ所あり、全部に名前が付いていてここは「龍手水」です。
最近は手水鉢に花を浮かべているお寺も他にあるけど、ここ「柳谷観音 楊谷寺」が花手水の発祥なんだとか。
まずは大きな提灯のある本堂の中に入りお参りを済ませると、そのまま中から通路を通って行くと、3ヵ所の花手水があります。
これは「庭手水」
ここは「恋手水」
そして「琴手水」です。
回廊沿いにある「あじさい回廊」
あじさい回廊から階段を上ると、何かの建物横に出ます。
この左の建物が奥之院ですが、回廊からの通路は建物正面まで行けないため、この時点で建物の名前は分かっていない。
こちらもその建物からの景色ですが、アジサイの見頃にはまだまだですね。
本堂に戻り外に出ると「龍手水」のすぐ傍に、カラフルな紙で作ったこんな花手水もありました。
上にはこれも紙で作られた風車があります。
ここに涌き出る水が「独鈷水(おこうずい)」で、この木の蓋を開けると眼病に効く霊水が汲めるみたい。
ひしゃくを直接口につけないで・・と書かれているけど、ボトルとかに入れるにしてもこの時期ちょっと遠慮したいですね。
奥之院へ向かう階段途中のアジサイですが、ここは花数も多い。
階段を登った場所からの眺めは、なんだか絵になっていいですね。
そして最後の階段を上ると正面に奥之院が見えます。
お参りを済ませて横手に回って見ると「あれ~ここってさっき回廊を上がった所の建物やん」・・・と、ここで気が付いた訳です。
珍しい色のアジサイだったので・・・
他にもこんな・・・
アジサイや・・・
こんなアジサイが咲いてました。

後で気付いたのですが、もう1ヶ所ある花手水へ行けていません。気づきにくい場所にあったのかなあと、境内のマップを見てみると、寺宝庫という建物横にありました。苔手水という名前でした。

アジサイが見頃の時期にはまだちょっと早かったようで、全体的にはまだ半分も咲いていない感じでした。

今日なんかは平日で、おまけに雨でもそこそこ人も来ているので、これからアジサイも見頃になって休日にでもなると、結構な人出になるんだろうなと思いますね。

久しぶりにちょっと遠出「レインボーライン 山頂公園」へ

2021年5月31日(月)

登山以外では久しぶり、ちょっと遠出をしてきました。
福井県若狭町にある山頂から三方五湖が望める、レインボーライン山頂公園です。

朝、9時に出発。ルートはびわ湖の湖西を北へ北へと上がる予定・・・が、出来の悪いナビのおかげで予定時間より遅れることに。

なんとか予定のルートに戻り、湖西道路から国道367号線(鯖街道)に入り、途中「永昌庵」という美味しい蕎麦屋に寄ります。

11時過ぎに到着、永昌庵という朽木蕎麦の店で確か3度目だね。昼にはまだ少し早いけど、評判の店なので混まないうちにと思い入店。
コロナということもあり、席の数も少なくて残り2席ほどだったけど、私たちが入った後もすぐにやってきて、すぐに満席。
注文したのは二人ともざる蕎麦。それと「そばもちあげ」と「とちあげ」を1つずつ注文。
久しぶりに食べる蕎麦はとても美味しかった。そばもちあげと、とちあげの写真を撮り忘れたのは失敗だったかな。

永昌庵を出て更に北へ向かい、三方五湖レインボーラインの日向料金所で1,060円を払い、レインボーライン第一駐車場まで行きます。
山頂公園のイラスト、レインボーラインのサイトからお借りしました。m(__)m

駐車場から山頂公園へは、入園料1人900円を払って、ケーブルカーまたはリフト(料金込み)で登ります。
往きはケーブルカー。2分ほどで到着です。
公園内には「天空のテラス」と呼ばれるテラスが5ヶ所あって、三方五湖すべての湖を見ることができます。
まずはこの「こもれびテラス」で湖を眺めながらのコーヒータイム。風が冷たくて気持ちいい。
手前の大きいのが五湖の中で一番大きな「水月湖」、左奥が一番小さな「菅湖」、中央奥から右に伸びる「三方湖」です。
こちらは五湖テラス。
こちらは中央テラスからの眺めで、日本海側になります。テラスの写真は撮り忘れましたが、海が蒼くてとてもキレイです。
西側展望台の2階にある若狭テラスは、園内で一番高い場所かな。
湖の名前が確認できますね。
もっと広い公園を想像していたけど案外狭いです。
5/28~6/27までローズフェア開催中・・・110種600株のバラが咲くそう。
キレイに咲いてました。
サツキもまだ蕾も多くてしばらくは楽しめそう。
バラ園横には和風カフェ「五湖庵」があります。
東側に位置する美浜テラス。足湯もあり、ここからは日本海と三方五湖全ての湖を一度に観ることができます。
左奥は日本海になり、手前が日本海につながっている完全な塩水湖の「日向湖」。その右奥が「久々子湖」になり、こちらは満潮時に日本海から海水が逆流する汽水湖だそうです。
帰りはリフトで日本海を眺めながら下って行きます。

他にも写真に撮れていないテラスや、ハンモック広場などがあり、今日のように天気が良ければゆっくり過ごせそうですが、休日は人も多くて道も渋滞するそうです。