Win7の終末が近づいてきた・・・その後

2020年1月23日(木)

1月15日だったか、その日に配信されたWindows updateが最後で、Win7のサポートが終了しましたね。

で、その後注文したPCの納期ですが、昨年12/20の「1月中旬以降となる見込み」のメール後、年を明けてしばらく何の連絡もなく、やっと来たメールが1/14でした。しかし、内容は「想定を上回るご注文をいただいて・・・お届け日が確定していません。」とのこと。

1月中旬以降になるのはもう確実で、それがいつになるんだか・・・と思っていた一週間後の1/20、やっと納期確定のメールが届きました。

納期は1/24(金)、注文してから1ヶ月半後となった訳ですが、まるで車の納車並みですね。

PCが壊れた訳ではないので、困ることはなかったけど、注文時に在庫なしの場合は要注意かな。まあ、今回はWin7のサポート終了前だったこともあるしね。

夫婦での初詣は石清水八幡宮へ

2020年1月11日(土)

正月は妻が体調不良で初詣に行けなかったため、夫婦での初詣は今日11日になりました。

行ったのは京都府八幡市にある「石清水八幡宮」です。石清水八幡宮は、標高120mほどの山の上にあって、ケーブルカーでも上がれますが、来たときは必ず歩いて登ります。

表参道の坂道と階段を、息を切らしながら上がるのですが、このまっすぐ延びる石畳の参道まで来るとホッとします。
南総門に到着。手前の社務所で破魔矢をお返ししてから門をくぐります。
正月になるといつもお馴染み、御本殿正面に飾られた大きな破魔矢が印象的。
お詣りをしたあと、いつものように御本殿を一周してから帰ります。

年が明けて10日を過ぎましたが、初詣に来る人も私たち同様まだ結構いますね。
そして、いつも恒例のこのぜんざい、石翠亭という休憩所に立ち寄り、いただいてから帰ります
いつもだと、階段が続く裏参道で最短距離を帰るのですが、今日は逆方向から山道を通り、大きく迂回して戻ります。

この標識にある、鳩ヶ峰を経て京阪八幡市駅(今は駅名が変わって「石清水八幡宮駅」になっている)方面に向かうルートです。
こんな道を通って・・・
着いたのは、標高142.5mの鳩ヶ峰(男山の別名)山頂で、八幡市で一番高い山だそう。
この山道を「こもれびルート」というらしく、全長約1.3Kmあります。
きれいな竹林の続く道もあり、竹の隙間からのこもれ日もいい。こもれびルートという名前に納得。
このルートは、男山ケーブルのトンネルの上を通っていて、このようにケーブルカーを見下ろすことができるんです。

ケーブルカーを撮りたかったので、しばらく通るのを待っていましたが、逆光で写りはイマイチ。
そして、表参道入口に立つ、石清水八幡宮の「一ノ鳥居」まで戻りました。石清水八幡宮の周りを大きく一周した感じかなあ。

初詣は甘南備山山頂の神南備神社へ

2020年1月5日(日)

年末に妻が体調不良でダウン、夫婦での初詣はしばらく行けそうにないため、私ひとりで初登山も兼ね、京田辺市の甘南備(かんなび)山山頂にある神南備(かんなび)神社へ行ってきました。

まあ、登山といっても標高221mの山頂まで約1.5Km、ゆっくり歩いて30分ほどなんですけどね。

登山口駐車場にある登山コースの案内板。
ここから登って行きます。道は舗装されているので、歩き易いです。
「竜王の森」が、右手に見えてくればもうすぐ。少し先に左に入る道があり、長めの階段を登ると・・・
この標識があります。
左に行くと展望台、右に行くと神社です。
まず先に展望台へ。
展望台からは京田辺市内が一望。
神社に向かいます。神社手前にも一望できる場所があります。
そして、ここが神南備神社。
甘南備山の 神南備神社、どちらも「かんなび」ですね。
小さな本殿ですが、ちゃんとお詣りしましたよ。
神社裏手を少し登りながら回り込むと、標高221mの甘南備山山頂です。

この後、来た道ではなく、以前に通った別ルートで戻ろうと歩き始めたのですが、更に別ルートを行こうと横道に入って行った結果、1時間ほど余計に山の中をウロウロするハメに。

スマホでルートを確認しながら歩いていたのですが、途中で地図上では存在する道が、実際には存在しないことが分かり、結局戻ることになったって訳です。

ひじょ~に疲れました。