日本の風景とは思えない滋賀県の「メタセコイア並木」

2016年11月28日(月)

ここを知ったのはごく最近、ネットで写真を見てからは、これは絶対に行かねばと思っていました。

紅葉の時期になってテレビなどでも紹介され、休日は車が渋滞するほどの人気のようで、人ごみの嫌いな私としては、これは平日しかないということで、紅葉のタイミングも見ながら11月28日の月曜日に行って来ました。

場所は滋賀県高島市マキノ町、滋賀県でも北の方になり、家からだと2時間近くかかりました。

metasekoia1611_000
マキノピックランド(観光果樹園)に車を止めると、すぐ前がこの並木道になります。

約2.4kmにわたって並ぶ、約500本のメタセコイア並木の光景は、「新・日本街路樹百景」にも選ばれているそうです。

metasekoia1611_001
どこまでも真っすぐの道に並ぶこの光景は圧巻、日本とは思えないです。

metasekoia1611_002
最近よく登場する妻、あまりのアップでの姿は嫌がりそうですが、このなんとも言えないシチュエーションが気に入って、登場してもらいました。

metasekoia1611_003
平日なので人出は少ないと思いますが、人がいない時を狙ってのシャッターはまず無理、人が写らないように上方向で撮ってみました。
いい感じで撮れたと思います。

metasekoia1611_004
天気が良ければ青空も映えて更によかったとおもいますが、あいにくの曇り空で残念です。

徐々に落葉が進んで、道にもたくさん積もってきています。写真左の木はほとんど落ちてしまったのか、淋しい状態ですね。
私達が行った日も風が強くて、たくさんの葉が降ってきていました。この分だと早く終わってしまいそう。

metasekoia1611_005
どうしても道路の真ん中から撮りたくなりますよね。妻に車を確認してもらいながら、数枚撮ってしまいました。m(__)m

metaseqleaves
ところでこのメタセコイアの葉っぱですが、木がでっかいので葉っぱも大っきいんだろうと思っていたのですが、このように一枚一枚は細長く、長さも3cmほどしかなく小さいんです。
これが紅葉したあと落ちてくるのですが、なんだか突き刺さるような気がします。

 

あまり長くはいませんでしたが、本当に素晴らしかったです。
紅葉の時期だけでなく、雪の積もる季節、新緑の季節にも来てみたいですね。

一休寺の紅葉

2016年11月23日(水)

一休寺は毎年この時期に来ているのですが、いつも参道にあるもみじを見るだけでした。今年はきれいに紅葉しているので、久しぶりに拝観料を払って中に入ってみました。

一休さんのお寺として知られている一休寺ですが、正式には「酬恩庵」といい、一休さんのモデルである、一休宗純が亡くなるまで過ごしたお寺だそうです。

ikkyu1611_001
総門からの参道の眺めもいいですね。

ikkyu1611_002
総門をくぐると、石畳の参道が続きます。今年はきれいな色に染まりました。

ikkyu1611_003
受付で拝観料500円を払って、本堂の見える参道に出ますが、ここのもみじは葉が落ちて寂しくなってますね。
数日前までは、きれいだったそうで、この2、3日の間にかなり落葉してしまったそう・・・と、妻が掃除をしていた方に聞いたみたい。

ikkyu1611_004
まず、庭園の見える建物(方丈)へ。

ikkyu1611_005
とんち話の中の「屏風の虎退治」に出てくる屏風ですね。この虎を追い出せば捕まえて見せると。

ikkyu1611_006
白砂がきれいに敷き詰められた庭園です。

ikkyu1611_007
本堂になります。
小銭を用意していなかったので、手を合わせるだけに。
覗き混んでいる輩は・・・うちの妻でした。

ikkyu1611_008
本堂横のもみじもいい感じに。

ikkyu1611_009
木によっては緑が残っているものもありますが、これはこれできれいです。

ikkyu1611_010
少年時代の一休さんの銅像です。頭を撫でられてピカピカですね。

ikkyu1611_011
「このはしわたるな」と書いているので、真ん中を通って渡ったという、これも有名なとんち話ですね。

ikkyu1611_012
ここ数年では、一番きれいな紅葉かと思います。

ikkyu1611_014
受付の近くの、江庵・待月軒の手前の通路は、落葉したもみじでいい雰囲気に。ちょっと枯れてはいますが。

ikkyu1611_013
なんといっても、ここ( 江庵・待月軒)のもみじが、真っ赤に染まって一番きれいでした。
手前に門があり、中には入れないようにしているので、身を乗り出して撮りました。

11月21日は一休さんこと一休宗純の命日だそうです。そして、酬恩庵の紅葉は例年、京都市内より一週間ほど早くこの日に合わせたように境内が真っ赤に染まるのだとか。一休寺のHPに書かれていました。

私達が伺ったのは2日後の11月23日だったので、少し落葉も進んでしまったのかなと。なので来年は11月21日に出掛けようと思います。

 

けいはんな記念公園(京都府精華町)の紅葉

2016年11月21日(月)

けいはんな記念公園内に「水景園」という日本庭園があり、モミジなどの紅葉が楽しめます。

予定していなかったけど、近くまで来たので寄って行くことに。

kei1611_001
駐車場から 水景園方向に歩くと、竹林がありそこを抜けると・・・

kei1611_002
水景園の入り口に到着です。
ここで、1人200円也を支払って中に入るのですが、妻が「あっ、60才以上は無料だって」と、書いているのを見つけたんです。
そう、私達今年で還暦を迎えた訳で・・・その、タダになるということが、嬉しいんだか、悲しいんだか。
でもラッキーということで、二人で免許証を差し出しました。

kei1611_003
ちょうど見頃だったかも知れません。今年はきれいに紅葉してますね。

kei1611_004
巨岩が並べられた所で「岩礁」というらしい。

kei1611_005
この辺りが一番多くのモミジが植えられている場所ですね。

kei1611_006
池に架かる高さ10m、長さ123mの「観月橋」という橋からの景色です。

kei1611_007
橋から池側の景色です。
こちらのモミジは少ないけど、真っ赤に紅葉してきれいです。

広くはないですが、なかなかきれいでしたよ。

帰りに駐車場から出るとき、駐車料金を払うのですが、工事中ということで今日は無料でした。

という訳で、今日はラッキーな日でした。

伊豆修善寺近くの蕎麦の店「やまびこ」

2016年11月上旬

伊豆旅行で立ち寄った手打ち蕎麦屋さんです。

修善寺自然公園からすぐ近く、予定ではちょうどこの辺りで昼時になるので、事前に修善寺近辺で蕎麦屋を探していました。
そして見つけたのがこの「やまびこ」というお店です。

ymb1611_001
道沿いには入り口はなく、裏手に回ると駐車場があり、店は蕎麦屋とは思えないログハウス風となっています。
階段を上がった所が入り口になりますが、暖簾もなく、店の名前はどこにもないです。
道路から裏手への入り口に看板があるのみですね。

ymb1611_002
中に入ると、地元の野菜?や果物?、お米?、土産物などが置かれています。
左手に沓抜場があり、靴を脱いで上がります。

ymb1611_003
まず出てきたのがこれ。つきだし?ですかね。こだわりの新鮮な自家製野菜とチキン?はピリ辛の味噌といっしょに食べると旨いっす。

ymb1611_004
「そばがき」が好きなので、メニューにあれば必ず注文します。普通に美味しかったかな。

ymb1611_005
「揚げたてがんもどき」は、本当に揚げたて熱々のふわふわ、シンプルな具なしのがんもどきですが、辛子を付けて食べると美味しいです。

ymb1611_006
こだわりの蕎麦は十割ではないですが、3%のつなぎのみだとか。
コシがあって美味しかったです。

ymb1611_007
店内は遠慮して写真はこれ1枚。ピントが手前に合ってイマイチですが・・・。
左側がもっと広くテーブルもたくさんあります。

ymb1611_008
テラス席もあって、ペット連れでもここならOKだそうです。

野菜の天ぷらもボリュームがあって、美味しいらしいので近くにあれば再訪したいお店です。

g-line
手打ちそば やまびこ
住所   静岡県伊豆市修善寺3726-1
営業時間 11:00~17:00
定休日  金曜日
サイト  http://www.yamabiko-izu.com/
g-line

行って来ました、伊豆旅行 3日目

朝10時に宿を出発、今日はまず宿から修善寺へ行き、そこから更に西に向かい、西伊豆スカイラインを下って土肥温泉へ行くルートです。

しかし、今日の天気は晴れから徐々に下り坂の予報、西伊豆からの夕日や富士山は、期待できそうにないです。

izu03_001
修善寺は2006年秋以来となるので、ちょうど10年ぶりになります。
修善寺温泉街では、10月から11月中旬にかけて、「温泉街菊花まつり」が開催されていて、川沿いなどたくさんの菊が飾られています。

izu03_002
まずは「修禅寺」にお参りです。
菊の飾られた階段を上がって山門をくぐると本堂が見えてきます。

初めて知ったのですが、「修禅寺」は「しゅぜんじ」ではなく「しゅうぜんじ」が正しいのですね。知りませんでした。

izu03_003
手水舎の龍の口からは、水ではなく温泉が流れ出ているんですね。寒い時のお参りは有難いと思います。

izu03_004
本堂の扉や窓?の一部が少し新しい感じがすると思います。10年前に来た時、ちょうど改修した後(だったと思う)で、このように一部だけが真新しくて違和感があったことを覚えています。

izu03_006
桂川河畔に湧く修善寺温泉発祥の湯だそう。「独鈷(とっこ)の湯」です。
以前は入浴することもできたらしいですが、今は見学のみだそうです。

izu03_007
独鈷の湯のすぐ近くにあります。河原湯という足湯で、5年前にできたそうです。温泉街散策の途中で休憩するにちょうどいいですね。

izu03_008
桂橋(別名:結ばれ橋)です。
桂川には5つの橋が架かっていて、5つ全ての橋を願いをかけながら渡ると恋が実るといわれているそうです。

izu03_009
桂橋を渡ると「竹林の小径」に入ります。
左右に立ち並ぶ見事な竹と、石畳の道が風情があっていいですね。
早朝の静かな時間帯の散歩がおすすめらしいです。

izu03_010
高さ20メートル以上あるでしょうか。見上げた時のこの眺めも素晴らしいです。

izu03_011
「日枝(ひえ)神社」にやって来ました。
鳥居をくぐり、階段を上がると神社が見えてきます。

izu03_012
修禅寺のすぐ近くにあるのですが、古びた感じで観光客も少ないです。

izu03_013
樹齢800年の「子宝の杉」です。
2本の杉の間をくぐると、子宝に恵まれると言われ、前に来たときはこんな鉄製の階段があったのですが、保護のために外されたそうです。

izu03_014
修善寺温泉街から、10分ほどのところにある「修善寺自然公園」です。
紅葉にはまだ早いようですが、とりあえず寄ってみることにしました。

一部紅葉しているところもありますが、やはりもう少し先になりますね。もみじがたくさんあるので、紅葉するときれいでしょうね。

izu03_015
修善寺自然公園の中に、富士山の見える「富士見台」という場所があります。
晴れ間も見えるものの、雲も多くて期待はしていませんでしたが、辛うじて頂上付近だけがうっすらと見えていました。
この写真ではほとんど確認できませんね。

さて、お昼も過ぎて昼食です。前もって決めていた「やまびこ」という蕎麦屋に行きました。(ブログはこちらから)

izu03_016
昼食も終わり、向かったのは「だるま山高原レストハウス」です。
ここからの眺めも素晴らしいそうですが・・・駐車場はガランとしてます。

izu03_017
この方向に富士山が見えるはすですが・・・。

izu03_018
あきらめて土肥温泉に向かいます。
西伊豆スカイラインでは、霧も出始めてもう晴れてくることもなさそう。

izu03_019
土肥までやってきました。
松原公園というところに世界一の花時計があります。
時計の外周には、足つぼマッサージ用の石が並んだ歩道が設けられています。ちょうど、若い人達が苦痛と闘いながら一周を挑戦中でした。

izu03_020
パネルには「この花時計は1992年3月にギネスブックに公認された、直径31mの世界一の花時計です。」と書かれています。

izu03_021
最後の宿「ふたりとわに 縁」に到着です。土肥温泉街からは少し離れた、恋人岬の近くになります。
大きな門で、ここを車でくぐると駐車場があり、玄関が見えてきます。

izu03_022
「ふたりとわに 縁」は、今年10月にプレオープンしてまだ1ヵ月のピカピカの宿です。
結構な金額の宿ですが、オープン記念の特別料金(でも高い)だったので、思いきって決めたんです。

izu03_023
予約した部屋「赤い糸 出逢い」です。
一番安い部屋で、一番遠い部屋ですね。

izu03_024
部屋の中は、新築の木のいい香りがします。
海が一望、富士山も一望、そしてきれいな夕日も一望・・・となるはずが、海が一望できただけでした。

それにしてもこの部屋で一人約39,000円は、ちょっと高い気もしますが、食事は期待できるかな。

izu03_025
お風呂は完全な露天ではなく、部屋の中にあって半露天、寒い時はガラス窓を閉めることができます。なので、眺望という意味ではいまひとつ。

丸い形の浴槽は、狭く感じるので好きではないですが、直径180cmにもなると、二人でも十分ゆったりですね。

izu03_028
翌朝のテラスからの眺めですが、やっぱり雲が多いですね。
天気予報では晴れに向かうようなので、少しは期待できるかも。

最後の宿になりましたが、やっぱり一番良かったかなあ。食事は夕食も朝食もとても美味しかったし、接客に関しても自然な形の接し方で、とても良かったです。

※今回宿泊した宿のレポはこちら、と☆ち夫婦の宿日記で公開中

4日目に続く