流れにくくなった「流れ橋」

2016年5月21日(土)

京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、木津川にかかる橋、「流れ橋」に行ってきました。正式名称は上津屋(こうづや)橋ですが、増水により流れることを前提に作られていることから、通称「流れ橋」と呼ばれています。
長さ356.5メートル、幅3.3メートルは、木造の橋として日本最長級になります。

観光地としてたくさんの人が訪れるのはもちろん、生活道路の一部としても利用されている重要な橋だそう。

もう幾度となく訪れているのですが、2014年の流出後「流れにくい橋」として、今年3月に復旧工事を終えたということで、再度やって来ました。

ngr201605_001
時代劇など映画のロケ地としても知られているこの橋、八幡市側には「藤田まこと」さんから寄贈された石碑が建っています。石碑の裏側を見ると名前が書かれていました。

ngr201605_002
「八幡市」側から見ると普段はこの通り、水はほとんど流れていません。

ngr201605_004
「久御山町」側まで行くと、この辺りは常時流れているようです。

ngr201605_003
修復したばかりということで、木もまだ白っぽくて真新しいですね。歩いていると腐食防止のための防腐剤なのかタールのような臭いもします。
両側には手すりがないので、どうしても真ん中あたりを歩いてしまいます。

ngr201605_009
流れることを前提に作られているとはいえ、流れて行ってしまうと困るので、このように太いワイヤーで繋がっているんですね。

ngr201605_006
すべて木で作られていた橋ですが、今回の修復では橋を少し高くし、橋脚の一部をコンクリートにして、増水や流木の影響を受けないようにしています。

ngr201605_007
2010年に撮ったもので、橋脚もすべて木造で作られています。上の写真と比べると分かりますね。

ngr201605_008
2011年9月の台風12号により流出寸前の様子です。台風の翌日にニュースで知り行ってみました。
流れも早く、普段の水量からはとうてい考えられないですね。

ngr201605_009
翌年2012年10月の台風17号で再度流出、写真は少し日が経って水量も収まった時のものです。これを見ると、流出と言うより崩壊ですね。

1953年にこの橋が作られてから、流出した回数が21回、その度に数千万円の費用と時間をかけて、修復してきました。
最近では4年連続での流出ということもあり、今回は撤去することも含め検討したそうです。

今回の修復でかかった費用が、3億7千万ということで、今後は流れないことを祈るばかりです。

カナブンとの戦い

ずいぶん前から羽衣ジャスミンを庭に植えていて、毎年この時期になると白い小さな花が無数に咲き、独特の甘い香りを漂わせます。

jas201605_01
次から次にツルが伸びてきて、何もしなかったらいつの間にかこんなに大きくなりました。

jas201605_02
蕾はピンク色をしているのですが、蕾が開いて花になると白い色になります。
次から次に咲いてくるので、とてもきれいなのですが、困ったことがひとつ・・・。

jas201605_03
そう、この虫なんです。カナブンなんです。毎年コイツに花をやられるんです。こんな風に花の上に乗っかって、次々と花をダメにしていくんです。他の花には目も触れず、羽衣ジャスミンだけなんです。

この頃からカナブンとの戦いが始まります。

調べても有効な駆除の方法がなさそうで、見つけては手で捕まえて駆除することしかできません。動きはのろいので捕まえるのは容易く、一度に何匹も捕まえることもあります。でも、またどこからかやって来るし、いつも監視している訳にもいかないので、結局はかなりやられてしまう状況ですね。残念ですが・・・。

手打ちそばと朝宮茶の店 黒田園

5月1日(日)
11時開店の10分ほど前に着いたのですが、店の前には10台以上の車が止まっていました。順番待ちのために名前を書くのですが、既に12組待ちのようです。

「黒田園」は滋賀県の信楽町、国道307号線沿いにあり、行列のできる人気の蕎麦屋です。

201605_krden001
大きな古民家の蕎麦屋さん、今回2度目で約1年ぶりに来ましたが、前はこれほどまで人も多くなかったです。ゴールデンウィーク真っ只中ということもあるのかな?
待っている間にも次から次にやって来て、あまりの多さにUターンして戻る車もありました。

201605_krden002
11時ちょうどに暖簾が掛けられると、順番に名前が呼ばれるのですが、1回目の枠にギリギリセーフでした。一度に入れるのは15組くらいでしょうか。囲炉裏の席、テーブル席、それと座敷が2つあって案外広いです。
案内されたのは、テーブルが2つだけの座敷でした。

201605_krden003
もりそば(妻と2人)、天ぷら盛合せ、そばがき、竹の子ご飯を注文しました。
細目の蕎麦ですが、コシもあって美味しかったです。もりそば900円は安くないですが、量は多いかも知れませんね。

201605_krden004
天ぷら盛合せは1200円だったと思いますが、これも量は多めで二人でいただくにはこれで十分かと。
サクサクで美味しかったですね。

201605_krden005
妻が絶賛のそばがきの値段は思い出せないのですが、醤油出汁と少し固めのモチモチ感は、蕎麦の風味と合わせてより美味しかったです。

201605_krden006
竹の子の炊き込みご飯は、隣のテーブルのご夫婦(と思われる)が注文しているのを聞いて後で追加したため、これも値段が分かりません。妻好みの薄味でしたが美味しかったです。

201605_krden007
可愛らしい器を使ってますね。とろっとした蕎麦湯もすべて美味しく飲み干しました。

お腹も満腹で大満足です。
二人で4,000円と少々、やっぱり美味しい蕎麦を食べると高くつきます。ランチにすると贅沢なので、蕎麦はたまにということで・・・。

支払いも終わって店から出ると、なんと駐車場に入れない車が国道に並んでいるんです。5、6台は待っていましたね。私達だったらこの状況だと考える余地ないです。即、Uターンですね。

「手打ちそばと朝宮茶の店」ということは朝宮茶というお茶の葉も売っているのだろうけど、それは気が付きませんでした。

●朝宮茶
朝宮茶は信楽町の地場産業のひとつであり、信楽町の西部に位置する朝宮地区で主に生産されています。朝宮の気候風土がお茶の栽培に適しており、日本でも最上質の香りがよく、美味いお茶を作っているようです。

g-line
手打ちそばと朝宮茶の店 黒田園
住所   滋賀県甲賀市信楽町上朝宮271-1
交通手段 信楽駅より307号線を宇治・大阪方面へ10分
営業時間 11:00~17:00(麺が無くなりしだい終了)
定休日  月曜日(祝日は営業、翌日休)&第3火曜日
g-line