YAMAPのスマホアプリで登山もまた楽し

私たちが登山にハマった訳、、、もともと海よりどちらかと言えば山派。旅行でも特にここ数年は山の方に行くことが多かった。

山に登ることもあったが、そこは車やロープウェイ、リフトなどを利用して行けるところまで行き、そこからの景色を見てスゴいと感心、満足する・・・だった。

ある時、一度自分の足で登ってみようと思ったのが、信州の八方尾根で、その後、本当にハマるきっかけになったのが、中央アルプスの木曽駒ヶ岳だった。

素晴らしい景色と頂上に立った達成感で大感動。天気にも恵まれ、山と空の素晴らしさとスケールの大きさに圧倒された。

行く前は不安もあったので、初心者でも大丈夫なことは色々と調べてからどちらも決めた。
今のところ低山がメインだけど、二人で山登りに出掛けるようになったのはそれから。

最近、登山中に道に迷って遭難する事故をよく聞きます。特にこの1年ほど、新型コロナウィルスの影響で密を避け、手頃な低山を楽しもうとした人の遭難が多かったようです。

当然私たちも遭難することの不安もあるので、登山地図とかコンパスとかも必要だと思ったけど、色々調べるうちに、YAMAPというスマホアプリがあることを知りました。

このアプリは、登山前の計画から、登山中はスマホのGPS機能を使って、歩いた軌跡がリアルタイムに表示され、現在位置の確認も容易、そして登山後は記録されたルートや距離などの確認もできます。

登山のときは必ずYAMAPのアプリで、登山道が記された地図上の現在地を確認しながら歩きます。

これは登山中の画面。地図上の青い線が歩いた軌跡、青い丸が現在地になります。赤い線は登山道ですね。

地図は事前にダウンロードしておくので、電波の届かない場所でもGPSさえキャッチできればOK。歩いた距離や現在の標高も分かります。
そして、上にスライドすれば、歩いてきた高度がグラフ化されて表示されます。
何とも便利なアプリなんですが、結構バッテリーを食うので残容量には気を付けることが必要。私は必ずモバイルバッテリーを持ち歩いています。
これはPCの画面ですが、登山後はYAMAPのサーバにアップロードされるので、このようにPCからも確認できます。
途中撮った写真をあとでアップして、コメントを書き込むこともでき、どの辺りで撮った写真なのか地図上に表示することも可能です。
通過したポイント、山の名前も時間と共に自動で記録されます。
他にもいろいろ機能があり、登山前から登山後まで楽しめる超便利アプリなんです。

このアプリを使うためにはユーザ登録が必要で、無料または有料会員があります。私は無料会員で登録していますが、機能としては十分かと。
ただ、無料会員の場合はダウンロードできる地図が、月2回までに最近変更されたのには困りましたね。

YAMAPには非常にたくさんのユーザが登録されていて、活動日記としてアップして公開すれば誰でも見ることができ、他のユーザから「いいね!」をもらえたり、フォローしてもらったり、コメントのやり取りをしたりと、登山版SNSとして結構楽しめます。

また、行く山を決める時は、必ず他のユーザのアップしているその山の活動日記を参考にして計画しています。

とにかく登山をするためには、なくてはならないアプリですね。

私たちのYAMAPの活動日記はこちら

滋賀県 三上山(近江富士)へ

2021年2月13日(土)

山登りに行くときも移動は必ず車なので、登山口近辺には駐車場があることが必須なのですが、駐車場のある所の方が少なくて、この山に行きたいと思っても無理なことが多いです。

なので、登れそうな山があっても、まずは駐車場を見つけてからどんな山なのか、距離的に歩けるのか、無理なく登れる高さなのか、など調べるようにしています。

今回は、滋賀県野洲市にある「三上山」に行ってきました。なだらかな稜線を持つ三上山は、別名近江富士と呼ばれていて、標高432mの初心者でも楽しめる山です。

肝心の駐車場だけど、近くに希望が丘文化公園という、スポーツ施設のある駐車場があるのでそこに車を止めました。駐車料金は500円、土曜日ということもあり、次々と車が入って来ますが、とても広いのでまず満車になることはないですね。

駐車場から道を隔てた反対側にあるこの標識が目印。ここから山に入っていきます。
10時半頃登山を開始しましたが、今日は4月上旬の暖かさということで上着は要らないですね。
コースは「東光寺不動山」⇒「妙光寺山」⇒「東光寺日陽山」⇒「三上山」⇒「女山」を歩く予定。最初はこんな感じで緩やかな登り道。
途中、見晴らしのいい場所もあり、、、
アップダウンもいくつかあり、岩場もあり、、、
まもなく東光寺不動山山頂。
11時過ぎ、東光寺不動山山頂に到着。

予定では更に先の妙光寺山に向かい、そこから引き返して三上山に行くつもりだったけど、ここからでも三上山まで2時間ほどかかりそうだし、体力的にも厳しいので妙光寺山は諦めることに。なので、ここから引き返して三上山に向かいます。
いったん下って行くけど、その後はまた上りに。
11時半を回った頃、いきなり着いたのが東光寺日陽山。登りきった感じもなく山頂らしくない山頂だった。
そろそろ昼にしようかと話していた時だったし、目立たない場所に二人で座れそうなスペースを見つけたので、ここ山頂で昼食にすることに。
30分ほど休憩して出発。
途中こういった標識が要所要所にあるので、助かりますね。
道はまだまだ続きます。
誰がこの人形を置いたのかな?妻が思わず「可愛い」。
大きな石のトンネルをくぐります。見るからに自然にできたものとは思えないけど、実際にはどうなんだろ?
きれいな円錐形の山が三上山。手前のピークから下ると、三上山の麓あたりか?でもまだ遠い感じ。
三上山山頂まで700mの標識。ここからはずっと上りが続く。
途中、急坂の健脚用と、距離は長いけど緩やかめの一般用の分岐があるけど迷わず一般用をチョイス。
午後1時半、三上山山頂に到着。
登頂証明書?をゲット?
ホントに暖かくて山頂でも気温は12度ありました。
三上山の西側麓には御上神社があり、ここ頂上には御上神社の奥宮があります。
展望台からの景色、少し霞んでいるけど右の方向にはびわ湖が広がっているはず。
さて、ここからは下って行くだけ。
駐車場まで戻るけど、引き返すのではなくて裏登山道を下り、山裾を周回する登山道を花緑公園に向かって歩きます。
円錐型に見える三上山、実は男山、女山とも呼ばれる2つの峰からなっているということで、もう一方の女山にも登ってみることに。

周回道に出たところで、妻は花緑公園に向かい、私だけ女山へ急いで登ってきました。
標高270mの山ですが、周回道からだと往復しても10分足らず、急いで妻を追いかけました。
周回道のほぼ平坦な道と、最後の下りを40分ほど歩き、花緑公園に着いたのが、午後3時過ぎ。

公園内にあるふるさと館で、妻はアイス、私はコーヒーでホッと一息。もう歩きたくない気分だけど、駐車場はここではなく、まだ少し先でウンザリ。

10分ほど歩いて、駐車場に着いたのが午後3時40分。5時間20分かかって、歩いた距離は6.4Kmほど、とても疲れました。

宇治川ライン沿いにカフェを見つけた

2021年1月29日(金)

立木山/袴腰山登山の帰り、宇治川ライン(滋賀県大津市から京都府宇治市への川沿いの道)を走っていると、カフェの幟を見つけたのが妻でした。

宇治川ラインは、右側には川、左側は道まで迫った山がずっと続く、クネクネとした道でホントに何もないところですが、そのカフェは左側の山が途切れた場所にありました。いきなりだったので当然行き過ぎてしまったのですが、山小屋風で雰囲気が良さそうだったので、引き返して行ってみることに。

道から外れて山に向かって100mくらい、山奥の一軒家といった感じで、店の名前は「カフェ アルモン」です。
空いた場所に適当に車を止めると、外で作業をしていた方が出迎えてくれました。後で聞くとツリーハウスを作っているんだとか。
手作りのログハウスだそうで、 定年退職後に10数年かけて全て自分たちで建てたそうです。
オープンしたのは2019年10月だそう。
入り口横のメニューを見ると、メニューの数はあまり多くなさそう。
ドアを入ると正面奥にカウンターとキッチン。
案内されたのは入って左手の部屋。
薪ストーブがあって、その前のカーペットが敷かれたテーブルのソファーに座りました。
カーペットには土足で上がれないのですが、靴を脱ぐと足は楽になるし、まったりできて、薪ストーブの暖かさが心地よく、動けなくなりそう。山登りで足が疲れているので、より気持ちがいい。
二人ともケーキセットをお願いしました。飲み物はコーヒー(ブラジル)、ケーキはアップルパイとムース?的なやつ(忘れました)です。
値段の書かれたメニューがなかったので、運ばれてきた少しばかり豪華なケーキを見て「これは高いんじゃない。」と二人で話していたのですが、案外安くて確か800円ほどだったと思います。
最初に写真を撮るのを忘れていて、あのムース的なやつを一口食べた後に撮ったので、角が欠けてます。
コーヒーも美味しかったし、もちろんケーキも美味しかった。

客は私たちだけだったので、ご主人や奥様とお話しなどして、結局1時間ばかりゆっくりさせていただきました。

次はランチを食べに是非また来たいですね。ただ、営業しているのは金・土・日だけで、時間も11時から16時までなのだそうです。

滋賀県大津市「立木山~袴腰山」へ

2021年1月29日(金)

最近ブログをサボり気味。半月ほど経ってからの投稿となりました。

今回も登山ネタ。出掛けたのは滋賀県大津市にある「立木山」と「袴腰(はかまごし)山」です。

立木山へは、びわ湖から流れ出る瀬田川沿いにある、厄除けの観音さん「立木観音」から登って行きます。

瀬田川沿いの国道422号線を、びわ湖に向かって行くとこの立木観音の標識が見えてきます。
この標識の手前にある国道沿いの駐車場に、車を止めてまずは立木観音を目指します。
いきなりの難所。観音さんまでは、苦手な石段を800段ほどを上って行きます。
まだまだ続きます。年寄りにはかなり辛いでしょうね。
息を切らしながら登ること約20分、やっと到着。
立木観音は弘法大師が42歳の厄年に開いたことから厄除けの寺として知られているようです。
ここ観音堂と、少し上にある奥之院でお参りを済ませて、登山道へと向かいます。
奥之院への途中の脇道から入ります。
さあ、ここから山道・・・といった場所に来たときでした。ロープが張ってありこんな注意書きが・・・「非常に危険ですので、通らないようにお願いします。」と。
え~ここに来て通れない?道間違った?山崩れでもあった?・・・

たまたま近くで作業をしている人がいたので、聞いてみると、正月の初詣で多くの参拝客が山に入ろうとしていたので、危険なために通行止めにしたそうです。ロープをくぐって行っても大丈夫ということで、安心しました。
それほど急な坂もなく順調。
観音さんからは、20分もかからずに立木山山頂に到着。
しかし、抜けもなく見晴らしはイマイチ。
すぐ近くにありました。三角点ですね。
この先展望台を経て、次は「袴腰山」に向かいます。
一旦下って、尾根を通り・・・
少しだけ視界が開けた場所もあって・・・
更に登ること約40分。11時40分頃に展望台に到着。
びわ湖の南端、右手には三上山(近江富士)が小さく見えます。
もうすぐ昼だし、見晴らしの良いここで昼食。
ゆっくり休憩もできたので出発です。
12時半頃、袴腰山山頂に到着。
ここもこの通り、見晴らしはゼロ。写真だけ撮って戻ります。
帰りは来た道を戻りますが、途中で迂回するコースに入り、観音さんを目指します。
迂回コースに入ってから2つ目となる展望台がありますが、狭い場所で休憩もできないですね。見える方向は最初の展望台と同じみたい。
鉄塔の真下を通ります。空がとてもキレイです。
細い登山道から大きな岩山のある、広めの道まで下りてきました。
岩の上でちょっと休憩。
この道は、南郷という所から約2Km続く立木観音の参道なんですね。
この参道にはこのように何丁目かの石碑が、立木観音まで一定間隔で立っています。1丁は約108mらしいので、現在「七丁」ということは観音さんまではあと756mですね。
観音さんまで戻り、今度は膝に厳しい下りの石段です。
疲れました。

立木観音への参拝客は、子供連れから年寄りまで、平日としては結構たくさん来ていました。でも、登山中は誰にも会うことはなかったです。

奇岩・巨岩の金勝アルプス

2020年12月12日(土)

滋賀県のびわ湖南部にある「金勝(こんぜ)アルプス」へ山登りに行って来ました。
金勝アルプスは鶏冠山(けいかんざん)、竜王山の山々を言い、稜線にはたくさんの巨岩、奇岩が続き、特に天狗岩の上からは琵琶湖の素晴らしい眺望が楽しめます。

登山口のある大津市の一丈野駐車場に10時20分頃到着。駐車料金700円を支払います。

ここから鶏冠山を目指し、更に天狗岩へ向かいます。

一丈野駐車場からの登山道、しばらくはなだらかな道が続きます。
途中、こういった標識が所々に設置されていて、確認できるので安心。標識のとおり、北谷線を通って鶏冠山に向かいます。
なだらかだった道も徐々に急坂に変わり、息も上がって立ち止まる回数も多くなります。
鶏冠山の少し手前、標高444mの小鶏冠山に到着。
ここまで標高差270mほど、距離にして2Km足らずですが、約1時間かかりました。
小鶏冠山から10分ほどで、標高491mの鶏冠山に到着。ここから天狗岩を目指しますが、更に1時間ほどかかる見込み。
ここからは一旦下って行きます。
天狗岩、耳岩方向に進みます。ほぼ一本道なので間違うことはないですね。
徐々に岩が多くなってきます。
こんな岩場や・・・
こんな岩の間をくぐって進むのですが、変化があってなかなか面白い。
天狗岩が見えてきました。この辺りになると眺望もよく、びわ湖を見渡すこともできます。
岩の間の細い道が続きます。
もう間近ですね。
ここから天狗岩には、左方向から回り込んで、後ろ側に向かうようです。
鶏冠山から1時間10分、天狗岩に到着。休憩する人たちで結構賑わっています。

右手に見える滑り台のような岩から天狗岩の上まで行くことができるのですが、降りて来る人たちもたくさんいるみたいなので、先に昼食をすることに。

なんとかスペースを見つけてランチタイムですが、その間に皆さん移動を始めていたようで、昼食を終わる頃にはほぼいなくなっていました。

なので、いざ天狗岩へ・・・最初ロープを使って少し登り、その後岩と岩の狭い間を通り、最後は自力でよじ登ります。
岩の上は3、4畳?ほどの割と平らなスペース。でも、柵がある訳でもないので、中ほどに立っていても恐いです。

この景色は東寄り方向の眺めだと思います。中央あたりに薄っすらと見える形のいい山が、近江富士と呼ばれる「三上山」です。
とりあえず、びわ湖側の写真を2、3枚撮り、上がって来る人が数人いたので、少し待ってから降りました。
降りる途中なんですが、こんな狭い所を通って上がって来たんですね。
天狗岩を後にして帰りは別ルート。来た道を戻るのではなく更に進んで行きます。
来る時と逆方向からの天狗岩の眺めです。
登ったのは一番上の大きな岩ではなく、向こう側にある岩・・・かな?
ビミョーなバランスで乗っかっていて、ちょっとした地震でもあれば落っこちそうなんだけど、大丈夫なのが不思議。いつからここに立っているんだろ。
この辺りからは天狗岩線のルート。ひたすら下って戻りますが、ロープがなければ厳しい道も多い。
ここにもビミョーなバランスで立っている岩がありました。ちょっと押せば倒れそうな感じがするのですが・・・。
この天狗岩線の戻るルートは、ほぼ岩ばかりの険しい道。
やっと下山できました。この辺りはキャンプ場の敷地内のようです。
キャンプ場を抜けると出発地点の駐車場。約3.1Kmの下り坂を1時間半かけて戻ってきました。

結構疲れましたが、単純な山道ではなく岩の間をくぐり、岩に登り、ロープあり、鎖ありのバラエティーに富んだ楽しめる登山でした。

他にもたくさんのルートがあるので、次回は別ルートで登るのもいいですね。